真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽむの本当の家族とお家ができました!

2009年5月14日に柏市で保護されたポメラニアンのぽむは、2009年11月8日、横浜市のUさん宅の子として正式に迎えていただきました。

この記事は常にトップにおかれています。ぽむのプロフィールとしてこの記事は残してあります。

ぽむが幸せになるまでにたどった足跡を、どうぞメニューの「記事の分類」などからお読み下さい。
最新の記事は、この下からどうぞ!

仮ママ亮子は、「今日もわんにゃん日和」のほうで更新を続けております。


保護された日のぽむじぃ

ぽむ君。ポメラニアンの男の子です。
白くてふわっふわな、ゴージャスな毛皮をまとっています。

お年は…そうねぇ。獣医さんでは、8~9歳ぐらいと言われました。
心臓が悪いんです。僧帽弁閉鎖不全症。小型犬のお年寄りにとても多い病気。
(6月18日追記:心臓の雑音は治療により大変小さくなりました。今後、投薬を中止できる可能性が高くなっています。詳しくは、「ぽむ君の医療とケア」カテゴリに書いていきますので、必ずそちらをお読みください)

お手も、お座りも、教えられていません。
マテとかフセとか、なんのこと? 
でもとってもご陽気で、遊ぶのが大好き。人も犬も(たいてい)大好き。

だけどね、たまに怒りんぼです。ひどいときは、かみついちゃうことも!
嬉しいとか、ストレスだとか、感情がたかぶると、くるくる回るクセがあります。
遊んでよ、お散歩つれてってよ、と元気にワンっワンっ!と吠えることがあります。

ぽむは、ある日、近くの公園に遺棄されていました。
ゴージャスな毛皮には、何ヶ月もブラシをあてられた形跡がありませんでした。
おしりは、ウンチで毛がガビガビに固まっていました。
目の周りは、涙やけで隈取りのよう……
興奮してハァハァとあがる息は、普通ではありません。
そして、怒りと、体の辛さと、おびえとで、私に首輪もつけさせず、
うなりつづけ、手がみみず腫れだらけになるほどかみつき続けました。
背後にいるだけで、振り返ってかみついた彼についた渾名が

ゴルゴ★ポメじぃ
(「俺の後ろに立つな!」byゴルゴ13…)

病院で獣医師の丁寧な診察と適切な医療ケアを受け、ぽむは生まれ変わりました。
苦しい苦しい心臓は、お薬を毎日飲むようになり、とても楽になりました。
外耳炎で痛いお耳も、歯石に覆われて炎症だらけのお口の中もすっきり。
破裂寸前の肛門腺も絞ってもらいました。

体が楽になったぽむは、性格まで激変しました。
ケアする手を、目を、声を、喜んで受け入れるようになりました。
ブラシをあてても、足の先を触っても、おしりを拭いても、もう怒って本気でかみつくことはありません。
本来の甘えん坊さんに、すっかり戻りました。

毎日のお散歩が楽しくてしかたありません。
美味しいご飯を、おなかいっぱい食べることができます。
静かに、眠ることができます。
人間とアイコンタクトして、意志が通じることを、学び始めています。
9歳にして、人間とのコミュニケーションに目覚め始めています。
毎日、ぽむは、成長しつづけているんです!

続きを読む
スポンサーサイト

ハートにつつまれて

ハートの中のぽむさん

ぽむママさんとハートの中でご機嫌なぽむさん。
きっとお姉ちゃんずのうちどちらかが撮ってくれたのかな♪
ほんとにラブラブだね♪

帰ってきた桃のオシリ♪

桃のオシリファンのみなさま♪お待たせいたしました!
ぽむが、オシリカットしてもらったそうです!
たっぷりご堪能くださいませ(笑)
ぽむママさん、遅くなって本当にごめんなさい。
お姉ちゃんずも、待ちくたびれたね…!

帰ってきた桃のオシリ (9)

インタビューにご協力ありがとうございましたm(__)m
無事に新聞が出来上がり、今先生に提出中のため、返却され次第コピーして送らさせて頂きますので、もう少しお待ち頂ければと思います。
5年生としては頑張った内容の新聞が出来上がったと思います!これからも「ぽむの様なこを知ってもらえる様」新聞で続けて行きたいと思ってますので、ご指導頂ければと思います(^-^)


帰ってきた桃のオシリ (1)
そして、今日ぽむは2回目のトリミングに行って来ました!
前回が1ヶ月半前で長めのカットだったので、今回は、短めにお願いしました。ぽむのブログの「見納めの桃のオシリ」のカットが可愛いかったので、写真をプリントアウトして、見本に持って行きました。


帰ってきた桃のオシリ (3)

ぽむはお店の方に抱っこされると、私の所に戻りたくて、前足をばたばたと寂しそうにしてました(^^;
2時間後お迎えに行くと、ぽむは真っ白ふわふわ桃のオシリに変身して、ピンクのハートのバンダナを巻いてもらっていました♪
お店の方は「女の子みたいで、とてもいいこね」と。
ぽむは私に会うと嬉しそうにクルクルと回って、抱っこおねだりをしに来ました。

帰ってきた桃のオシリ

ぽむが、寂しそうにしたり、嬉しそうにする姿を見る度(私が仕事に行く時と帰って来た時もそうですが)に心から「可愛い!大好き!」と思います。と同時に、サークルで過ごす事が多かったのあの分もぽむとは触れ合う時間を出来るだけ多く持ちたいとも思います。

帰ってきた桃のオシリ (4)
帰ってきた桃のオシリ (5)

今夜は、横浜は初雪で積もりそうです。そちらも雪でしょうか?
今夜は寒がりのぽむと一緒にお布団でぬくぬくと温まって寝たいと思います=^ェ^=

まだまだ寒い日が続いていまので、皆さんお体大切になさって下さい。

帰ってきた桃のオシリ (8)

帰ってきた桃のオシリ (6)

あいかわらず、見事な桃ですね(^^)
一番最初の写真なんて、ショードッグのようです。
(そういえば、ぽむってスタックみたいな感じで立つんだよね~。ホントにショードッグだったのかも?)

なんだかも~、めろめろの甘えん坊になっているようです。
写真はおすましさんが多いですが、きっと表情は豊かになっているんだろうなぁと思います。
抱っこのおねだりは可愛いですけど(後ろ足で立って、前足を伸ばしてぴょんぴょんしますか?今でも)、「自分で歩きなちゃい!」って言って下さいね(笑)

マッチ売りのぽむ、みたいな最後の写真、こうやって遊んでも怒らなくなったのね。
ゴルゴの頃には、思いもよらなかったね~♪
真っ白ふわふわ、いい匂いがしていることでしょう。
でも、この桃、あっというまに伸びてぼさぼさになっちゃうから…カットが大変ですね、ぽむママさん^^;

ぽむのお正月♪

ぽむのお正月10年 (6)

とっても遅くなってごめんなさい(><;;
ぽむママさんから年末年始のぽむの様子をお知らせいただいていましたので、お伝えしますね♪

ぽむのお正月10年 (7)

年末年始はぽむと一緒に賑やかに過ごしました!
年末は31日迄私がお店でした。毎年31日は馴染みのお客様や知り合いで、紅白を見ながら年越しそばが恒例なので、ぽむも一緒に賑やかに年越しをしました。お客様も愛犬を連れて来て、ぽむは上手にご挨拶出来ました=^ェ^=
私は忙しかったので、たくさんの方にぽむはいい子に抱っこされました(^-^)
いつも私を目で追っていましたが(^^;
でもひとりのお留守番よりかはましだったでしょう。


ぽむママさんは、お好み焼き屋さんをしていらっしゃいます(^^)
ほんとに賑やかそうで、すてきなお年越しですね。
我が家では、じぃじ、ばぁばとおとしゃん、おかしゃんだけでした。

ぽむのお正月10年 (1)

ぽむのお正月10年 (4)

年明け2日は地元の神社に初詣、それと子供逹とぽむの福袋を買いに行きました(^-^)
ぽむの福袋は、3枚1000円!の洋服と別におやつの福袋を買いました。
ぽむの洋服がまた増えてしまいました(^^;
すっかり衣裳持ちのぼむくんですが、500円や1000円のセール服ばかりです(^^;
ぽむは寒がり?で夜、外に出る時はいつもブルブルと震えています。小型犬は寒がりなのでしょうか~?


ぽむさん、さらに衣装持ちに!
え~とたぶん、私より衣装持ちです。
値段もあまり変わらないかと…(爆)
ぽむは、暑がりの寒がりなんでしょうね。でもポメラニアンって寒いところの犬じゃなかったっけ…
ちっちゃいですから、モフモフの毛をしていても、寒さはこたえそうですね。

ぽむのお正月10年 (2)

また、先日は心のこもったお手紙とたくさんの本をありがとうございましたm(__)m
とても嬉しかったです。
愛護センターでの悲しい現実を知って、本当に心が痛みます!
それと同時に愛護センターの方々の犬と猫達への愛情と、一匹でも多くの命を救いたいという取り組みに感銘を受けました。

私達に出来る事はほんの些細な事ですが、「知る事が大事」と亮子さんはお話しして下さいました。
一人でも多くの人にぽむの様なこがたくさんいる現実を知ってもらいたいと願わずにはいられません。

捨てられる犬猫達の未来が明るくなる事も亮子さん同様、私達も信じます!

今度の日曜日にNHKで捨てられる犬猫の特集が放映されるとお友達から聞きました。
眼を背けず、見たいと思います。

今、ぽむは日向ぼっこしがらしながらお昼中です(^-^)


ぽむのお正月10年 (9)
ぽむのお正月10年

アヤカお姉ちゃんが、冬休みの宿題で、新聞を作ったのだそうです。
ぽむのような、遺棄される犬や猫のお話を、本を読んだり、いろんな人にお話を聞いたりして
本格的に調べたそうです。

すごくがんばったそうですよ。
今度見せて下さるそうです。
楽しみですね。

ぽむはすっかり、アヤカお姉ちゃん、アユミお姉ちゃんときょうだいのようです。
揃って初詣に行ったのですね。
いつでも一緒だね(^^)
よい一年になりますように、お祈りしています。

トリミングに行ってきたよ~♪

SN3B0154.jpg
年末最後の、ぽむの様子です。
トリミングに連れて行ってもらい、素敵なリボンもつけてもらったそうです♪
今頃、ぽむ家のリビングでは、ぽむを囲んで紅白でも見ていらっしゃるのかしら。
あの子があたたかいお正月を、にぎやかに迎えられる…。
本当に幸せに思います。

SN3B0153.jpg


ご無沙汰してます。だんだんと寒くなって来ましたね。皆さんいかがお過ごしですか?

ぽむは、相変わらず元気に過ごしてます。
ぽむは、本当に甘えん坊で、いつも私の側にいます=^ェ^=
私の後をついて歩き、私がトイレに入ると、ドアの前でぐるぐるしながら待ち…、私がキッチンで仕事をしていると足元でお昼寝…、洗濯物をたたんでいると洗濯物の上を歩いて私の所へ…、私がイスに座るとだっこおねだりです…(^^;
夜は一緒に寝てます。ぽむと寝るとポカポカで温かいです。

SN3B0146.jpg

甘えん坊のぽむとアユミ(下のお姉ちゃん)は、ママの取り合いをしてます。ぽむは「ウーッワン」とアユミを咬むことがあります(T_T)
そういう時はぽむの甘えが過ぎる様に思えるので、少し強く「ぽむ、咬んじゃだめだよ~!」と言います。ちょっと可哀想かな?と思いますがアユミには相変わらずへこへこをしているぽむですので、咬んだ時は強く言います。
アユミがぽむにしつこくて咬まれてしまう時はぽむを怒らず、アユミを抱っこします(^^;
もちろんぽむはアユミにいい子に抱っこされている時もあります。
二人はケンカ?しながらも仲良くしてます。


アユミちゃんとぽむさん、相変わらずやってますね~^^;
このあと、お電話で、ぽむがアユミちゃんを噛む機会をできる限り作らないように
してください、とお願いしました。
やさしいママにとっては、ぽむを無視することがなかなか難しいそうです。
犬にとっての無視は、とてもわかりやすく伝わります。
たとえば、アユミちゃんがママに甘えようとしているときに、ぽむがウ~カプをするのはNG。
であれば、ぽむがいないお部屋でアユミちゃんを抱っこ(というのが難しいかなぁ)するなど、
ぽむとからまないようにするのが、最初はよいと思います、とお話しました。

逆に、ぽむをかわいがるときには、アユミちゃんにきちんとがまんしてもらう。
アユミちゃん、ぽむのお姉ちゃんだから、ときにはママを譲ってあげてくださいね。

ぽむを抱っこしているところに、アユミちゃんが来てママの取り合いになってしまうのは…
ぽむが、「アユミお姉ちゃんはママを取る人だ」って思って、攻撃しちゃっていい、になって
しまうのを、極力避けていただきたいと思います。

SN3B0151.jpg

アヤカ(上のお姉ちゃん)はぽむとの距離感と言うか、ぽむがかまって欲しい時とそうでない時がわかる様になりました。
自然にぽむを仰向け抱っこして、ぼむ自身も気持ち良さそうにしてます。


アヤカちゃんはぽむの気持ちをよくわかってあげてくれています。
ぽむのために、いろいろがまんしてくれているんじゃないかな…。
犬を気持ちのままにかわいがりたい、というのをぐっと抑えることって、大人でも難しいことです。
これができなくて、犬との関係を上手に築けていない、という人は、しばしばいますものね。
その調子でがんばってね!
SN3B0149.jpg

パパはぽむにとって、少し怖い存在の様です。でも甘えん坊のぽむなので、子供逹が寝た後はパパにくっついて歩いている様です。
私の仕事終わりの散歩をちゃんとわかっていて、パパが出ようとすると、今迄ぐっすり寝ていたぽむはぐるぐると回って、落ち着かなくなる様です。


やはり、毅然と犬に対して接する、ということを、ご実家で育てていた紀州犬との長年の
ご経験で、パパさんは身につけていらっしゃるのだと思います。
たぶん、大きな犬とのかかわりは、ぽむよりずっと、体当たりというかガチンコというか…。
精神的にも強いつながり、対し方があったのではないかなぁと想像しています。
紀州犬は、四国犬とともに私のあこがれの犬でもあります。

でもちゃんと、ぽむを甘えさせてくださってるのですもの♪
パパさんの大きな手のなかで甘えん坊しているぽむは、きっと幸せでしょう!

SN3B0156.jpg

すっかり我が家の一員のぽむです。先日、トリミングで2時間程ぽむがいないだけで、皆んなで「なんか寂しいね」と。

ぽむのトリミングショップ、とても良い所を見つけました!
わんこ友達の紹介で、うちから歩いて7~8分の所で個人でやっています。
とても良心的で、4000円でした。(毛玉の状態でプラスされますが)
可愛いいリボンも付けて頂きました。特に長さ等は注文しなかったので、もう少し切った方が良かったです。来月はぽむのブログから写真を見せて、短めにしてもらって桃のオシリにしてもらいます!
ポメラニアンは、お耳のカットがとても可愛いいんです~♪写真がヘタでわかりづらいですね。

ぽむくん、可愛くなって良いクリスマス、お正月が迎えられそうです=^ェ^=
それでは又メールさせて頂きますね(^-^)


4000円はやす~い! 桃のオシリも楽しみですが、やはりフルレングスに近い
カットは、ぽむのゴージャスな毛の魅力を出してくれますよね♪

ところで、ぽむってお洋服何枚持っているんでしょう(笑)
きっと、私より持っていそうです(爆)

どうぞ、よい年末年始をお過ごしください。
ぽむを迎えてくださって、本当にありがとうございます!

SN3B0157.jpg

そして、ぽむをずっと見守ってくださっている皆さん、
本当にお世話になりました。
来年もひきつづき、ぽむの様子をメールでいただきましたら、アップしていきますね。

みなとよこはま病院つづき♪

SN3B0145.jpg

年末のどたばた(毎年のことですが^^;)にまぎれて、ぽむのブログアップが
すっかり遅くなってしまいました。
ぽむママ、パパ、お姉ちゃんず、ごめんなさい!

まずはぽむの健康診断での後日にいただいたメールです。

病院での犬同士の挨拶は控えますね。人間も具合悪い時はそっとしておいて欲しいですものね。
歩美にとって、あの病院は珍しいワンちゃん達に会えるのも楽しみの一つな様です。楽しんではいけませんね(^^;一応、歩美なりに飼い主さんに聞いてから、ワンちゃんに触っていますが…。
これからはもう少し考えますね。

SN3B0141.jpg

みなとよこはま動物病院は、年中無休で先生を含め、常に10名以上のスタッフの方がいます。
先日の受診の時ものあが通っていた事を覚えていて下さり、受付の方が「今度もポメちゃんね」と。
待ってる間に看護婦さんも挨拶して下さり、ぼむを抱っこして下さいました。
その様なお心遣いが嬉しかったです!


のあちゃんのこと、覚えていて下さったんですね。
本当にそういうお心遣いをいただくことが、何にも増して嬉しいですよね。
覚えていて下さる、っていうことが…。
でもきっと、のあちゃんを必死に看病されるママさんの姿が、スタッフの心にも残って
いたんだろうって思います。お手紙を書いて、先生に渡していたというお姉ちゃんずも…。

SN3B0140.jpg

私達がぽむの様な犬を飼いたいと思う様になってから、亮子さんの活動や考え方、ぽむとの生活の中で、ペットショップに違和感を感じる様になりました。
無意識にペットを販売しているペットショップでは、ぽむの洋服やフードを買っていませんでした。その意味が中村さんのブログのコメントで確信出来ました。

恥ずかしながら、今迄犬はペットショップで買うものと思っていました(>_<)
ペットショップで買ったのあが、のあの死をもって、私達に教えてものはとても大切な事でした。
ペットを飼いたいと思う人より、ペットの方が多い現実に本当に心が痛みます。
この現実に早く気付くべきでした…。今少しだけですが、気付けた私達家族は、ぽむとの生活がとても幸せです!この様に思えるのは、亮子さんのぽむへの愛情があってこそです。
この一つの大切な命を大事に育てて行きますね(^-^)


でもね、ペットショップから来たのあちゃんが、ありったけの愛情を注いでもらえた
ことは、間違いないこと。
そののあちゃんが、ぽむとの出会いをちゃんと結んでくれたんだと思います。

あの小さな、一日中さわがしく、光に満ちて落ち着かないガラスケースに、本来はまだ
親犬やきょうだい犬と過ごしていなければならない子犬が閉じ込められて、売られている。
「かわいい」と、その衝動だけで、買われていく。
「抱っこしてみませんか?」「お散歩はしなくても大丈夫ですよ」
そんな無責任な言葉で、次から次へと、子犬の幸せも考えずに売られていく。
どうぞ、「おかしい」ということを、一人、また一人、伝えていってくだされば嬉しいです。

ぽむのような子が、いなくなりますように…。
気づいて下さって、本当にありがとうございます。


SN3B0144.jpg


「全ての生命に尊厳を」
みなとよこはま動物病院の診察券の言葉です。素敵な言葉です!


本当に、素敵な言葉ですね!

みなとよこはま動物病院へ行ってきたよ

あいかわらず抱っこ好きよ~♪

ぽむママさんからメールをいただきました。
ぽむを、新しい家族として、かかりつけ動物病院に健康診断がてら、紹介しに連れて行ってくださったそうです。



11月29日(日)にみなとよこはま動物病院に、行って来ました。
相変わらず病院はたくさんの犬と猫と飼い主さんで、待ち合い室はいっぱいだったので、私達は外で待つ事にしました。


みなとよこはま動物病院といえば、クウカイの脚でかかっている動物病院の先生の、師匠筋にあたります。
特に整形外科系統では専門医ですから、知る人ぞ知る有名病院でもあります。
規模も大きく、先生もたくさんいらっしゃると聞いています。


ぽむはたくさんの犬と病院の匂いを感じてか、極度の緊張?からヨダレを垂らしていました。

1時間以上は待ったでしょうか?その間、下の娘はぽむを抱っこしながら、たくさんの犬と触れあっていました。
ぽむはイヤそうでしたが…。


下のお姉ちゃんは、先代犬ののあちゃんの通院も、ずっとついて行っていたそうです。学校などで行けないときは、先生にお手紙を書いていたというから、素敵ですね。
あ、でもね、病院では他の子とご挨拶は、しないほうがいいのよ。
病気で来ていて体調の悪い子もいるし、病院という犬にとっては怖い環境で、他の子とご挨拶するのがストレスになることもありますのでね。感染症の子もいますので、注意してくださいね。


余談ですが、千葉の八街市から来ているミニチュアピンシャーのわんこの飼い主さんと美味しい落花生のお話しもしました。

あら、ピーナッツつながり(笑)
…って、ずいぶん遠くからも来ているのですね

診察券…かな?

これ、診察券かしら? いい言葉が書いてありますね!!


やっと呼ばれ、診察台に乗せられるとぽむは緊張でブルブルと震えていました。

若い先生に問診をして頂いてから、のあを診て頂いた院長先生に診察して頂きました。
ぽむの経緯をお話しして、亮子さんからの医療情報を見て頂きました。

ぽむの年齢は歯の減り具合から、8歳が妥当だそうです。
(もちろん、年齢は私達にとっては、余り関係ありません)
歯石が付きやすいので、こまめに歯磨きをする様に言われました。


お電話でも伺ったのですが、ぽむ、どんどん若返っていて、Uさん宅へ行く頃には、よく
子犬と間違えられるほどでした。Uさんご一家も、「きっと本当は5~6歳だよ」とおっしゃって
たし、ウチのかかりつけ医も「8歳も行ってなさそうだけど」と話していました。
が、やっぱり8歳ぐらいかぁ。
いちごちゃんみたいに、永遠の4歳って子もいるし 


ぽむの後ろ足の事も伺いました。
足は後ろ足だけでなく、前足も弱く筋肉がほとんど付いていないそうです。
先生は「多分、散歩に行った事はなく、足の裏もとても柔らかいので、狭いゲージ等に閉じ込められていた不遇な環境にいた子だね。」と…。
だから「散歩をたくさんさせて筋肉を付けてあげて」と。「よく日に当てて」ともおっしゃっていました。


やっぱり、ゲージに閉じ込められていただろう、というのは、どの先生もおっしゃるんですよね。
ぽむが、ブリーダーが放棄した犬では、という意見を、チャーリーママさんとぐーぐーさんからいただいています。
毛吹きがよく、スタイルもお顔も悪くない、去勢されてない、人とのかかわりを持ってこなかったような節がある、狭いところに閉じ込められていたような感じがある…といったことから、悪質なブリーダーが、繁殖につかいまくったあげく、病気になったぽむをポイと住宅街へ置き去りにした…。

実は、恥ずかしい話しですが、私の住む地域では、ブリーダーによる犬の遺棄が、ときどきあるのです。
ひどいときには、段ボールに何頭ものダックスが閉じ込められたまま河原に放置されて…といった悲惨な話しもあります。ブリーダーなんて呼べません。パピーミルでしょうね

ぽむが、我が家へ来た当時、ものすごくノタノタしか歩けなかったのは、心臓のせいもあったとは思いますが、それ以上に、歩いていなかった、ということなのでしょう。
今は、お姉ちゃんずと公園で走り回っているそうですから、そのうち、筋力もつくでしょう!



下の娘が「ぽむはママとお姉ちゃんだけだっこおねだりしてわたしにはしてくれないの」と話すと先生は「一緒にご飯食べたり、お散歩すれば出来る様になるよ」とお話しして下さいました。

少し涙目のぼむの目は、涙腺が詰まりやすいそうで、これもまめに目の回りを拭いてあげる必要があるそうです。

気になる心臓の方ですが、聴診器だけあてて頂いて、特に問題ないそうです(^0^)
ある程度のお年のわんこは多少の心肥大はあって当たり前との事です。

今年のフィラリア予防と予防注射は終わっているので、次の受診は来春で良いそうです(^o^)

これからのぽむにとっての一番は、私達とたくさん触れあって、のびのびと生活して行く事が大切だと、先生もおっしゃってました。


がんばれ下のお姉ちゃん
でも、こればかりは時間もかかります。はやく大きくなりたくても、すぐには無理でしょ? ね♪
ゆっくりぽむのお姉ちゃんになってやってくださいね。

お電話では、先生は、保護犬のしかも成犬を家族に迎えたことを、とても「良いことをしたね」と褒めてくださったと聞きました。よかったですね!
そして、成犬で家族を待っている子は、まだまだ星の数ぐらいいます。

多くの方が、ペットショップではなく、こういう子たちを家族にする幸せを知ってくださいますように。
ペットショップで売られている子も変わらぬ命ではあります。
ですが、生命の尊厳を無視した生体展示販売は、なくならなければなりません。この日本から。
生体販売をしているお店では、動物だけでなく、用品も買わない、といったことも、必要になります。
ってこの話はまたいずれ^^; ごめんなさいね、ぽむママさん。


心も体も健康な状態を取り戻しつつあるぽむです=^ェ^=
ぽむに関わって下った全ての皆さんに感謝しながら、もっと愛情を注いで、もっともっと甘えん坊にさせてあげたいです!

長いメールになってしまってごめんなさい。
もうすぐクリスマスですね♪ぽむには、サンタクロースの洋服を買いました。その様子を又メールさせて頂きますね。


楽しみですね~♪
ぽむサンタ? もしかしたら、ぽむ、とっても衣装持ちになってませんか(爆)
きっと、幸せなクリスマスですね(^^)

甘えん坊ぽむ全開です~♪

ぽむがUさんちの子になって早いもので1ヶ月が経とうとしています。
先日ね、↓の写真を、
ショーウィンドウのお化けさんたちと
ウチのかかりつけの獣医さん(ぽむのではなく、クウカイやめめ、レイたちの)に見せたら、
「まるで、6年前からココの子ですって顔ね♪」
って言ってました。
6年ってところが妙に細かくて笑えました。
でも、言い得て妙な感じでしょ? 

Uさんからは、これからも、ぽむの様子をブログにアップして! というリクエストを戴きました(^^)
ハイ、よろこんで!!(ってどこかの居酒屋のようだけど^^;)

写真付きの素敵なメール、これからも「ハマのぽむさん」に追加していこうと思います。
パパ、ママと、ぽむ、お姉ちゃんずの素敵な記録になりますように。
ぽむを応援してくださったみなさん、見てあげてね~♪

さてさて、メールがやってきましたよ♪

遅くなりましたが昨日、区役所で変更届を済ませました!
ぽむくん、やっとうちの子になりました!

18日にフィラリアのお薬もきちんと飲みました!12月の服用は獣医さんと相談して決めますね。
ぽむは、とても元気です!食欲もあるので、太らせない様にこまめに「上のお姉ちゃん」と一緒に体重計に乗ってます。

上のおねえちゃんに仰向けだっこ~♪


最近、ぽむのごはんは手作りごはんとドッグフードの併用を始めました。
クウカイくんの様な生食はまだ出来そうもないので、少しずつ本等を見ながら、作ってます。
無糖のヨーグルト、おかゆ、きゃべつ、さつまいも、茹でた鶏ささみ、鶏レバー等から始めています。
ぽむは、美味しそうに食べてくれてます=^ェ^=
気持ち、ドッグフードだけの時より食い付きがいいかもしれません?

日に日に寒くなって来ましたね。皆さん風邪など引いてませんか?
ぽむも人間同様に寒さを感じている様です。
自分のマットでは、体を丸くしてお昼寝してます。
夜は私の布団の中に入って来て、顔だけ出して寝てます。
最近は主人の布団で一緒に寝る時もありますよ(^0^)
ぽむくん、パパは一番偉い人とわかった様で、甘え上手です。パパがイスに座ってテレビを観ていると、「抱っこ抱っこ」と立ちながらおねだりします。
ぽむは抱っこが大好きですね♪抱っこされてるととてもいい子です。

ママに抱っこ~♪

近いうち、トリミングに行こうと思ってます。
相変わらず、ブラッシング大嫌いぽむくん、おしりが毛玉になりそうです(^^;
トリマーさんに桃のオシリにして頂いた方が、ぽむも怒らなくて済むでしょう!
ブラッシングはミトンを付けてしてますが、長い目でみて行きますね。

イカしたお洋服!

みなとよこはま動物病院の受診も、今月末か来月にはと考えています=^ェ^=
ぽむを保険にも入れてあげたいので。
それと、やっぱり後ろ足が散歩中に気になります。大した事ないと思いますが一応診てもらいます。

長くなってしまいましたね。

どうぞ、皆さん風邪なと引かない様、お過ごし下さいね。
又メールさせて頂きます(^O^)


つくづく幸せな子です。
素敵なお洋服は着せてもらうわ、抱っこはしてもらい放題だわ、手作りご飯まで!!
病院も、とってもいい病院ですよ、みなとよこはまって。
保険も入れてもらえるのね…。

それにしても、もっふもふです。
先月の16日にお見合い前のカットに行ったのですから、まだ1ヶ月ちょっとです。
ほんとに毛吹きのいい子です。
チャーリーママさんや、友人のぐーぐーさんからは、繁殖犬でブリーダーにいた子かも?
との推測もいただいてます。一理あるかも、ね。

うん、でももう、どこから来たかは、本ワン的には全く関係ないですね。
彼は今、甘えん坊&幸せ全開で毎日を楽しんでいること、間違いなしですね!

ぽむ、正式譲渡になりました!

091108_0747~02
ぽむは、とうとうUさんご一家の子として、正式に迎えていただくことに決まりました。
ぽむママさんからのメールが、11月8日に届きました。


10月24日(土)からまる2週間、ぽむくんとのトライアル生活が過ぎました♪
拍子抜けする程、スムーズに我が家になじんで来ていると思います。
それも、亮子さんの愛情としつけのお陰です。

私達にとって、ぽむのいない生活は考えられません。
ぽむにとっても、同じ様に近い将来思ってくれるでしょう!

改めて、ぽむを家の子として迎えさせて下さい。
出来るだけの愛情を注いで大事に育てて行きます。
ぼむと子供逹のガチンコ勝負は継続中ですが、それも時間が解決してくれるでしょう。

改めて、ありがとうございます。そして、これからもぽむの仮ママとして宜しくお願い致します。


仮ママも仮パパも、本当にこの日を待ち望んでいました。
あんなに唸って咬んで、人を信じられなかったぽむが、幸せに笑ってる。
Uさんご一家にかこまれて、ニコニコ笑いながら、くるくる回ってるぽむを想像するだけで、
胸がいっぱいになります。

下のお姉ちゃんと
下のお姉ちゃん、ぽむが来て、あなたもお姉ちゃんになったね。
ずっとずっと、末永くぽむを守ってやってください。
いつでも、ぽむが笑っていられるように、してあげてくださいね。

上のお姉ちゃんと

上のお姉ちゃん、弟が増えて、お姉ちゃんのお仕事が倍になったけど、
あなたなら、妹もぽむも、大事にしてくれるって信頼できますよ!
ぽむとの暮らしを、たくさん楽しんで下さいね。

ぽむパパさんとぽむママさんには、感謝の言葉もありません。
心臓も丈夫ではないだろうし、かみ癖だってまだ治ったワケじゃない。
普通より大変なはずの子を、笑顔で迎え入れて下さって、手放せないってもう
おっしゃってくださっています。
ぽむのこと、おまかせしました!
私たちは、安心して仮パパ、仮ママを卒業しますね。
でも、何かあったら、いつでも相談して下さい。

091103_2240~01

ぽむをずっと応援してくださったみなさん、
あらためて本当にありがとうございました。
ぽむと、仮ママ、仮パパの物語は今日で終わるけれども、
ぽむが5ヶ月の間に教えてくれたことは、計り知れないほどたくさんあって、
そしてどれもが、宝石のように大事なことばかり。

私たちがもらった宝石を、次の命と、次の人の手に渡すことは、ずっと続けて行きたいと
思います。

更新は、「今日もわんにゃん日和」に移ります。
クウカイ、レイ、めめの日常に戻ります。
しばらくはお預かりは休むつもりだけれど…
次の子が「来ちゃったら」そのときにはまたがんばらなきゃね。

こんなんだったぽむが…


こうなってくれたことに、心から感謝をこめて。


カミサマ、ありがとう!




クウカイ&レイ&めめブログ更新しております

ぽむの仮母を本格的に卒業する日も近いので、
クウカイ、レイ、めめのブログの更新をはじめました。
ヤフーからお引っ越ししてきて、荷物もほとんどほどけてないし、写真も飛んだりしているのですが、
ぽむ以外の新しい記事はそちらに書いていくつもりです。
よろしくお願い申し上げます(^^)

今日もわんにゃん日和
http://rayandmeme.blog83.fc2.com/

亮子@クウカイ・レイ・めめママ
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。