真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原で「いい子の太鼓判」もらって帰ってきたよ~!

チャーリーママさんのブログからお借りしてます♪
小田原のチャーリーママさんのところまで、「お散歩トレーニング」に行ってきたよ~!!

ぽむとクウカイを車に乗っけてはるばる東京横断して、行ってきました小田原城下!
で、小田原城の写真を撮り忘れて帰ってきた亮子です。カマボコは買って帰ってきたのに(爆)

ぽむを保護してから、言葉にならないぐらいお世話になったチャーリーママさん。
どうしてもお顔を見てお礼を言いたかったのと、実際のぽむを見てもらって、「うん、いい子になったね!」ってプロの太鼓判を押してもらえたら嬉しいな、と思ったのです。
ぽむのことをブログで応援してくださっている、お散歩トレーニングに参加している方たち&ワンコたちにも会える! と楽しみにして行ってきました!

お散歩トレーニングに参加しているのは、ビビリちゃんだったり、興奮が激しい子だったり、ワンコが苦手な子だったり…飼い主さんがなんらかの悩みを持っている子たちばかり。「お散歩」というワンコの生活になくてはならない&当たり前のことが、実は大変なの、という子は少なくないんですね。
ぽむは、基本、度胸はいい子なんですが、ときどき他の子やバイクに突発的に吠えかかったりします。そういうときの対処法を、実地に見て、学びたかったというのも大きな理由のひとつでした。

ぽむに会うのは初めての子ばかり。いきなり吠えかかったりしないか、ドキドキしながら行ったのですが、拍子抜けするぐらい、ぽむはみんなと最初から仲良くできたんです。
びっくりしたのですが…これはね、このお散歩トレーニングの場に流れている、何とも言えないリラックス下、あったかな雰囲気の影響大! だと思いました。
チャーリーママさん、ご参加のみなさん、本当にありがとうございました。楽しかったよ~~!!

でね、ぽむは「家庭犬としてまったく問題なし! 先住犬がいても充分うまくやっていける」というでっかい太鼓判を、チャーリーママさんにいただくことができました。
ぽむ、もう、どこのお家でも幸せにやっていけるね!!

参加のお友達紹介を兼ねながら、私が参加して感じたことをお話ししてみたいと思います。
ワンコのお名前に、ブログがある方はリンクを張らせていただいてます♪
茶々丸君
茶々丸君、ちわわんのパピーです。ママさんはワンコ初心者さんということで、ワンコのお勉強に来ていらっしゃいました。この後ろにたおしたお耳、喜びがいっぱいです!体は小さいけれど物怖じしないし、のびのびハッピーな感じです。すごくいい社会化期を過ごしているんだなぁって感じがします。

ラムちゃん
ラムちゃんは、とっても繊細な子。苦手なワンコがいると、パニック的に激しく吠えかかってしまいます。が、この写真を見るとわかるとおり、とっても笑顔の素敵な子で、おやつをあげると、短い尻尾をぴっこぴっこ振って喜んでくれます。

ラムちゃんに吠えられてびびるクウカイ
おおっと! クウカイのような、日本犬系の子が苦手なようでした。柴犬の市ちゃんも、吠えられてたね! 日本犬系の子は、張った胸と立ち耳巻き尾が、「喧嘩売ってる?」に見えるんですってね。要するに、犬的には「コワモテ」ということなのでしょう。
 でも、クウカイはこういうのはぜんっぜん平気です。怒ることもありませんので、ラムちゃんはあとでそぉ~っとクウカイの側へよって、においをかいでみたりしていました。チャーリーママさんが観察したところでは、クウカイも、パニックを起こすラムちゃんが気になって仕方ないらしく、吠えられるとわかっていてわざとラムちゃんのほうへ行ってみようとしていたんだそうです。(二頭引きなので、注意散漫な亮子でした。ラムちゃんのママさん、ごめんなさいね!)

ラムちゃんとぽむ
ラムちゃんは、ぽむとは大丈夫みたいでした。最初のご挨拶は、さすがに緊張気味。ラムちゃんのお口は、みゅ~っと後ろにひっぱられて「怖いな…」って言ってるし、目も完全にそらすことができなくて、ぽむを見ちゃってますね。
こういう場面で、たとえば無理矢理「ダメダメ~」なんて引き離すと、ワンコ同士は納得できてないので、怖い思いだけが残ったりしちゃう、ということです。お散歩トレーニングは、「飼い主さん同士が、他の子も育てる」という思いで接する場所。だから、ワンコたちのシグナルをじっくり見つつ、いつでも介入できるようにしつつ、犬たちの行動を否定せずに過ごします。

アスパシアちゃん
アスパシアちゃんは、やっぱりとっても臆病さんだったそうですが、そんな風にはみえませんでした。なんというか、怖い、苦手、という感情が出なくてすむ距離を、自分でみつける力がついたんじゃないかなぁ~と想像します。すごくマイペースに歩いている感じなんですが、間違いなく、たくさんのワンコと人と歩く時間を楽しんでいるんですよね。ぽむがアスパシアちゃんを気に入っちゃって、オシリをおっかけまわしてて…^^;;; 美人さんだから…ごめんね♪

こはるちゃん
こはるちゃんはシーズーの女の子。あまりたくさんお話しできなかったのですが、彼女からもアスパシアちゃんと同じく、自分のペースをみつけて楽しんでいる雰囲気を受けました。大きな目が、思慮深そうな感じがして、物静かな子でした! おやつも喜んでくれたし♪

お名前忘れちゃってごめんね、ボーダーちゃん
お名前わかりました! ボーダーコリーのバディ君です。不思議な毛色のすんなりした体型のこの子、完全に尻尾が入ってしまってます。パパママさん曰く、すごく恐がりで、社会化がうまくいかなかった子なのだそうです。おやつもほとんど、外では口にできませんし、パーソナルスペース(他者に入ってきて欲しくない範囲)が広いので、誰ともからむことはできません。最初にチャーリーママさんから注意がありましたので、参加者はみんな、この子と目を合わせないように、注視したり側に寄ったりしないように気をつけています。
 でもね、私、この子からも、この子なりに場の雰囲気を楽しんでいる感じを受けました。大好きなパパとママが一緒なので、固まってしまったり、他の子に突進したりすることはありません。尻尾は入ったままだけれど、不思議そうな顔で少し離れたところから参加者を見ているんです。パパとママは、とっても他の子たちをかわいがってくださって、クウカイなんか、山のようにおやつもらっていました(汗) パパとママがその場を楽しんでいるのを、この子も感じているんですよね。で、誰もこの子を脅かしに来ないので、安心もしてられる、という感じなのだと思います。

はなちゃんとマロ君
はなちゃん(左)は黒ラブの女の子。まだまだパピーちゃんです。アップの写真が撮れていなくって、ごめんなさい~! この子も、ものすごくいい子に見えるんですが、興奮しちゃうと暴れちゃったり、転移性の咬みが出たりするとのことで、ママの手は傷だらけ。でも、親しい子がいて、誰も叱ったりしないこの場では、おだやかでおちゃめで、いかにもラブらしい甘えっぷりで、ほんとにリラックスしているようでした。はなちゃんのママとお話ししたのは、たとえ暴れていてもちょっとおさまった瞬間に「いい子だねぇ~」としみじみ声をかけると、「反射的にいい子になる」というチャーリーママさんのアドバイスのこと。これ、ホントなんです。はなちゃんもそうだったし、ぽむにも効果絶大でした。

カイ君とぽむ
カイ君もまだパピーちゃん。実は、クウカイが攻撃しちゃわないか、唯一心配だった子なんです。というのも、丁度1歳前後の若いオスに対して、クウカイが「教育的指導っ!(ギャウッ!)」をやることがあります。ガツンとつっかかってくる子とか、マウンティングをしようとする子には、特にキツイ一撃を繰り出す(といっても本気咬みはしないですが)をやることがあります。それが出たら、カイ君、トラウマになっちゃうかも…杞憂におわりました♪ほっ だってカイ君、礼儀正しいいい子だったんですもの~~♪

クウカイと市ちゃんとぽむ
市ちゃんは、おきゃんという言葉がぴったりの柴犬の女の子。姿はクウカイときょうだいのように似ています。むむ? 空海とお市さんで、時代を超えて歴史系仲間?(笑)
 市ちゃんのママさんのブログを読んで、私はこのお散歩トレーニングの大きな意義を思いました。市ちゃんみたいに、元気が良すぎて誤解を受ける子、そのママパパは、ほんとに「肩身の狭い」思いをすることがあります。お散歩で気まずいことほど、がっかりするというか、しょんぼりすることってありませんよね。ここでは、「だいじょうぶよ~」ってその場の誰もが笑顔でいてくれる。「私は市よっ(ワン!)」を、犬同士の信頼関係の中で、消化させることができる。もしうまく犬同士でからめなかったら、叱ることなく、飼い主さん同士が上手に介入して、自分の犬も相手の犬も、心穏やかでいられるようにする。
 そういう場だから、ワンコものびやかに成長できるし、飼い主さんも我が子をまるごと受け入れる心の余裕ができるんだ! ってすごく感じました。

マロ君
マロ君
は、赤い毛色がとっても鮮やかな、ポメラニアンらしいポメラニアン。久しぶりの参加とのことで、「なかなか打ち解けられないかもしれませんが、積極的におやつをやってください」とママさん。最初はほんとに、みんなと距離を取る感じがあったのですが、ゆっくり時間をかけて自信を取り戻している感じを受けました。すこ~しずつ、距離が縮まっていくんです。それで、おやつも最初は持参のものしか食べられなかったのですが、最後には私の持って行ったおやつもぱくぱく食べてくれました。そして、成功!

ポメポメ倶楽部
ぽむとのツーショット! です。おやつに夢中ですが、初対面のぽむとこんなに側で過ごすことができてる。これが、チャーリーママさんの推奨する「無理せずに自信をつける」過程だと思います。お散歩トレーニングは2時間ですから、2時間かけて、その場でリラックスできるようにする。普段のお散歩で、「ああ、怖がっちゃった、すみません」ってソソクサしちゃうと、こういうことって、できにくいですよね。
 マロくんのパパさん、ママさんは、同じポメということで、ぽむのことをとってもかわいがってくださって、ママさんはぽむをやさしく抱っこしてくださいました。
ぽむも、知らない人に抱っこしてもらえる子になったなぁ…

2時間経ち、小田原城公園に夕暮れが迫ってきたとき、私がハッと気づき、そして本当に温かい気持ちになったことがあります。それは、「この2時間、誰も犬を叱らなかった、犬を叱る声が全く聞こえなかった」ということの何とも言えない心地よさ、でした。

普通、犬が何頭もいて飼い主さんがいっぱい集まってると、だれかしら「こらっ!」って言ってたり、「ダメ~!」「やめなさ~い!」という金切り声が聞こえるものですよね((笑))私だってそう。クウカイをキッツイ声で叱ってたりします。慣れっこになっちゃってるんだけど、あれって意外に、飼い主にとってストレス(ということは、犬にとっては間違いなくストレス)になっちゃってるんだろうなぁ~~。

もちろん、まったくの制止なしではないし、「あ、だめだよ」「やめようね」という穏やかな声はしているんです。でも、誰も、犬の行動や考えていることを否定しないようにしている。それに誰も、飼い主さんを責めたり、白い目でみたりしない。たとえ、犬同士で小競り合いがあっても、「ごめんなさい」「大丈夫よ」が、温かい言葉と雰囲気で交わされる。

集まっているのは、「問題児たち」のはずなのに、ひときわ穏やか。なので、トレーニングでない、普通のお散歩の人たちが、自然に寄ってくるんです。犬たちも、ギャウッ! があってもその後すぐリラックスした表情に戻るし、決して逃げだそうとしたりしない。
ああ、こういう場って本当に貴重だと思いました。

クウカイもぽむも、シャイさという点ではほぼ問題のない子ですが、こうして遠出してきて、みなさんのあったかい思いにふれて、山のようにおやつをいただいて(トレーニングに参加したつもりは彼らにはなくって、きっとおやつバイキングの会だと信じていたに違いない…爆)充実した小旅行を体験することができました。

このあったかい思いを胸に、ぽむにはぜひ、新しい世界で幸せをみつけてもらいたいな、と思います。何も心配なく、安心して、送り出してやれる。そんな自信を深めた1日でした。

総走行距離250キロ、私の鬼門、ジェット首都高スター(首都高って非人間的に曲がりくねっててしかもみんな飛ばしてくるし…無いと知りつつ、いつも「ワープできる道」を捜しちゃうのよねぇ…)も苦にならないぐらい、帰り道、私はリラックスしていました。
犬たちも、帰りの車の中ではおなかもいっぱい、気持ちよさそうに眠って帰ってきたんです。


















スポンサーサイト

仮パパに感謝。

仮パパと

先日、ぽむの散歩から帰ってきた仮パパが、風呂場でぽむを拭きながらなんかごにょごにょ言っているのです。

「お~~良い子じゃねぇ~」
「ほら~、きれいになったじゃろ~」
「おりこうじゃねぇ~顔を拭くよ~」
「ほらほら~。次はあんよじゃよ~」


地の底を這うような甘ったるい声で((爆))

ぽむは、お散歩から帰ってきて顔や体や脚を拭かれるとき、どうかすると
「ふるるるる~!」と怒り出すことがあります。
なんというか、もたついてたり、毛を引っ張られたりするのがイライラするんだろうね。

咬みが出てた間は、私は「必殺、歌ってごまかす」攻撃でしのぎました。

「ぽっむた~んぽっむた~んかわいいあんよをぷっきぷっきよぉ~~♪」
「おっかおもぷっきぷっきよぉ~♪」

(ぶっき~である…)

今はさすがに歌うことはありませんが、やはり優しく声をかけながらやっています。
ダンナは最初、黙ってやってたのね。
で、ぽむが怒るというので、「声をかけてなだめながらやるんだよ~」と言ったら…。

そう、地の底を這うような甘ったるい声で(((爆)))

しかも、中途半端な長崎弁で((((爆爆))))

朝から超~~爆笑させてもらったけど…。

感謝です。

ぽむは、笑顔で風呂場から飛び出してきました。







【トラックバック】条件なしに愛されるべきだと思う

カットモデルさんです♪

ぽむの未来のご家族へ。
ぽむは、とってもイタズラな子です。決して、おとなしくはないですし、
気がつけばその辺にあるものをハムハムかじってたりします。
うっかりすると、ゴミ箱にシッカリ捨てたはずのお菓子の包み紙を
どうやったの~!? みたいな感じで拾い出すことだってあります(笑)

お散歩のときには、他の子に吠えつくかもしれません。
ブラッシングがいや~! と、あなたの手にハウハウするかもしれません。
う~っと唸って、手をどけろ~! と脅してみるかもしれません。

それでも、叱らないでやってください。
あえて、叱らないでやってください。

せめて、
この子のすべてを、無条件で愛している、と信じられる時が来るまで。
この子に、無条件に愛されている、と間違いなく信じられる時が来るまで。
叱ることが、本当に必要になったとき、安心して叱ることができる関係を
築けていると信じられる、そのときまで。

この子が、公園に捨てられたということ。
それは、前の飼い主が、この子を全否定したということにほかなりません。

「お前なんか、いらない」

それでも、この子は人を愛しています。
私と、私の家族を、心から愛してくれています。
私も、無条件でこの子を愛しています。

この子が、どんなに咬む子でも、受け入れよう、と決意したそのときから。
咬むことを、否定するのではなく、理解しようと務めてきました。

「咬む子を叱らないで」
と言う教えは、単に「咬む子をしかれば、攻撃性を誘発するから」だけではありません。

なんでこの子が咬むのか。それをじっくり、時間をかけて考えて、思いやってほしい。
そういう意味なのです。
否定するのではなく、理解し、受け入れ、そのうえで、

「もう咬まなくてもいいよ」

と教えてやれたら、それでいい、ということなのです。

叱らない、ということは、ある意味結構な努力を必要とします。
私も、「こぉんのぉ~~~!!!」と思うことがあります(笑)
でも、「コラ~!」と叫ぶことはしません。
「ダメ~!」と言いたいのを、こらえています。

でもね、あえて、叱らないで考える。なぜなのかを、思いやる。
そして、少しでも吠えるのをやめたとき、咬むのをやめたとき、心から褒めてやります。

そのことで、この子の全否定された前半生を、償ってやれたら、と思います。

この子を捨てた飼い主と、同じ人間として。

ぽむの笑顔が、かわいい、とたくさんの方に言っていただきました。
とても嬉しいです。
ぽむは、少なくともいま、とてものびのびと暮らしています。
叱られないことで、心がひろがったと思います。

叱られないからといって、つけあがったり、しませんよ(笑)
アルファになろうなんて、しませんよ。

だから、安心して、叱らずにこの子を受け入れてやってください。
この子が生きていることを、全肯定してやってください。
無条件で、愛してやってください。



抱っこされて、リードや、ハーネス、首輪の装着または目やにを取ってもらったり・・・そんなときに甘噛みが出る犬がいますね。そういう時に私は「いいこだね~」と言いながら、特別なおやつを食べさせることをします。(甘噛みに・・・「いい子」?おやつのご褒美・・・???)この方法は・・・オペラント条件付けからいったら、相当無茶苦茶な方法でしょう。でも・・・このような時に出ている甘噛みを、正の強化で罰しても一向に...
条件なしに愛されるべきだと思う

ぽむ犬なれ修業&クウカイ受け入れ修業?

我が家の子、クウカイは、ありがたいことに比較的寛大な犬です。
私が、保護犬や保護猫を連れてきても、怒ったりはしません。

ですが、今回ぽむを連れてきたら、かなりおかんむりなのです。
ぽむが、8~9歳と年齢はいっていても、社会化ができておらず、犬としては「無礼な」振る舞いが多いということと、保護当初、私を咬んだこと(クウカイはそのときかなり怒りました)、ぽむが小型愛玩犬なので、しょっちゅう私に抱っこされること(は、おまけかな? これまでだって、保護犬を抱っこしていたことはありますから…^^;)。
つまりは、クウカイにとっては、気に入らない要素がたくさんなのかもしれません。

ふだんは、ぽむは2階に起居させています。
1階は、基本的にクウカイのテリトリーです。
ですが、ぽむが寂しがるので、私が仕事をしているあいだ、私の仕事スペースにぽむをおいてやります。それがまた、クウカイにはストレスになるんですが…。
ぽむを「預かり」としてしか受け入れてやれない、最大の理由がそこにあります。

今日は、クウカイの「虫の居所」がかなり良かったようです。面白い動画が撮れましたのでご紹介しますね。クウカイとぽむが、狭い仕事スペースで遊び始めました。驚きました。ぽむは、犬同士でこうやって「遊ぶ」ことってこれまでなかったんです。




クウカイは3歳半でずっと年下ですが、ぽむに対しては年上のように、というか上位の犬として振る舞っている感じです。体はずっと大きいですからね。
体が小さくて遊びになれていないぽむに、ちゃんと気を遣って、体を小さくしてみせているのがわかります。ぽむは、かなり緊張しまくっていながらも、多少は「遊ぶ」感じがわかるのか、ごくわずかですが、プレイバウが出ています。

遊び慣れた犬同士であれば、体格差がかなりあっても、平気で遊びます。
大きいほうの犬が、ちゃんと気遣うことができれば、上手に遊ぶことができるんですよね。(ちなみに、クウカイは柴犬よりひとまわり体高と体長が大きい犬で、体重は12キロ弱)

でも、ぽむは慣れてませんから、最後にいっぱいいっぱいになって、クウカイから逃げ出します。




そのあと、クウカイがぽむから離れて、横向きに座ってあくびをしてみせています。
「大丈夫だよ、落ち着きなよ」
というカーミングシグナル(犬語)です。
ぽむと、目を合わせないように顔を横向きにしているのがおわかりでしょうか。目を合わせてしまうと「ガン飛ばす」ようなもので、喧嘩を売ることになってしまいます。目を合わせないのが犬同士が仲良くするためのルールです。
クウカイ、犬あしらいの上手な犬なんですが…

これって……、実は、おやぢをいたぶってる若いモンって感じかも?? 

ぽむ、犬社会で修行中?

ぽむとアレックス

ぽむ君、ご近所犬たちの犬社会で、ちょっぴり修行中です。
でっかいピレネーのアレックス君とご挨拶。
アレックス君は、まだ1歳のパピーなんですよ、これでも(笑)

おさんぽ3

自分と同じぐらいのトイプーのアルちゃんとご挨拶。
アルちゃんが、目線をそらして、ぽむを上手に受け入れているのがわかります。





秋田犬のふくちゃんは、ぽむとほぼ同い年です。今年9歳になりました。
超大型犬と小型犬ですが、ふくちゃんが優しいので、とりあえずぽむは平気なようです。




実は、ぽむ的にはいっぱいいっぱいなんですけれどネ。
ふくちゃんは、お年をとってきましたが、若い頃は映画の『HACHI-約束の犬』http://www.hachi-movie.jp/に出てくる子にソックリでした。あ、パパさんもギアさまに負けてないすてきな方ですよ(^^)

ぽむの目線に近いところからムービーを撮っているのですが、ぽむにしてみれば、ふくちゃんは「同じ犬とは思えない」巨大さでしょう。怖くてあたりまえ、です。
(亮子の変な音声が入ってるわ~^^;;)





ま、こうなってしまうほうが、確率は高いんですけどネ^^;
相手がオトナの対応をしてくれると、ぽむも大丈夫なんですが、相手も犬慣れしていなかったり、必要以上にぴょんぴょんしてたり、ぽむに関わってくれなかったりすると、ぽむも、うるるる~ワンワンワン! になります。
どうしても相性の悪い犬もいますしね。(特に未去勢の雄ですが、ふくちゃんもそうなんだけど、平気だなぁ、不思議なことに)。

ぽむは、もともと犬社会での「社会化=犬慣れ」が、十分とはいえない子だと思います。ですが、今も彼なりに社会化は続いています。
理想は、いつどこでどんな犬にでくわしても、「しらんぷり」ができることです。
今の段階では、犬とみれば、とりあえず近づいて、関わってみなければ気が済みません。

つまり、犬同士の距離感が、わかってないのね。
人間も、人同士の距離感がとれない人っているけれど、でもほとんどの人は、向こうから知らない人が歩いてきたら、ふつうに気にもとめずにすれ違えるでしょう?

こんなふうに吠えてしまったときに、叱っても意味がありません。
ぽむは、怖いのと興味があるのとが入り交じって、興奮しちゃっているだけなんです。
むしろ、こういう場面で叱ると、「怖い犬がいる=ママに叱られた!」悪いことの相乗効果でより吠えるという悪循環になっちゃう可能性もあるそうです。
上手な方法は、「犬の視界を遮って、名前を呼んだり、オヤツで釣ってもいいから気をそらせてやりすごす」です。
私もがんばってやってみているのですが、難しいです。

社会化について詳しくは、「師匠」チャーリーママさんのブログをお読み下さいね。
http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-671.html


  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。