真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽむおいで~♪




仮母多忙につき、ちょっと手抜きで^^;;

ぽむ、「おいで」がとっても好きです。
オヤツがなくても、おいでと呼ぶと、喜んで飛んできます。
これは、ラッキーなことでした!

おいで、と呼ばれてから、嫌なこと(たとえば、ブラッシングだとか、無理矢理首輪をつけるだとか)をされていない、という証拠でしょう。

もちろんですが、私もこれはとても大事にしなければいけないことと思います。

「おいで」と呼ばれたら、ほめられたり、オヤツがでてきたり、「いいこと」がたくさんあること。
これが「おいで」を大好きにする、おいでと呼ばれたらすぐ来る子になるコツだそうです。

ものすご~くイタズラしていたり、やってはいけないことをやっていたりして「おいで」と呼んで「ダメじゃない!」と叱る。これが一番NG。

やばそうなことをやっていたら、黙って側へ行って注意をそらすか、「おいで」で来させたら、イタズラは不問に付す。とにかく、呼ばれてやってきて、イタズラをやめたんだから、褒める。
人間、なかなか忍耐がいることですが^^;

とにかく、笑顔で飛んでくるぽむ、これからもたくさん、呼んでやりたいと思います。
スポンサーサイト
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。