真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽむ、ふれあい犬デビュー!「なかよし動物フェスティバル2009」

参加ワンコ&メンバー
さて、亮子とぽむとクウカイはどこにいるでしょう?

今日は、千葉県富里市にある、千葉県動物愛護センター「なかよし動物フェスティバル2009」が開催されました。私は、日本愛玩動物協会の千葉県支部の一員として、イベントに参加してきました。

たくさんの子ども連れのご家族、犬連れのご家族があつまり、動物愛護について楽しく知るイベントに参加してくださいました!

なんと、今日はぽむも、「ふれあい犬」として、このイベントに一緒に出たのですよ~。
もちろん、クウカイも一緒です。
愛玩動物飼養管理士になってまだ1年目、いろんなイベントに参加して、学んでいます。
その一環として、クウカイとも一緒に活動したいと考えていました。
で、今日はぽむもいますので、一緒に行きました。

これは、マイクロチップ読み取り競争をしているところです。
マイクロチップ読み取り競争
クウカイにはマイクロチップが入っています。読み取る機械をクウカイの首の後ろにあて、15桁の数字を読み取ります。読み取れたら、それを紙に書く、というゲーム(?)です。
子どもたちに、マイクロチップって何かを教えるゲームなんです。

これは、犬の心音を聴診器で聞いてもらっているところ。
心音を聞く1
心臓の音がする、生きている、私たちと同じ鼓動をもっているということを、子どもたちに感じてもらいます。実は、聴診器がおもちゃみたいなので、あまりよい音では聞こえません。でも、いっしょうけんめい子どもたちは聞いてくれます。

ぽむの心音を聞いてくれているのは、大人の方です。
心音を聞く2
お父さんお母さんも、子どもたちと一緒に犬に触れて、いろいろ考えて下さいました。
「聞こえた!」ってけっこう感動してもらえるんですよ。

ぽむはこのあと、「ふれあい犬」として、大勢のこどもたちに触ってもらいました。
ふれあいぽむ1
子どもたちに、「犬と友達になる方法」とを教えます。
●飼い主さんに、触らせてもらっていいか、聞く
●飼い主さんがOKしたら、犬を刺激しないように静かにして、手をグーにしてそっと犬に臭いをかいでもらう
●犬がクンクンできたら、頭ではなく、ボディに触る

騒がない、目をじっとみない、など、無用な咬傷事件がおきないよう、犬とのつきあい方を学んでもらうのが目的です。

ぽむ、お利口さんにしているでしょう?
ふれあいぽむ2
びっくりでした。もっとナーバスになるかと思っていたので、最初は出場させませんでした。
最初はクウカイをふれあい犬でも出していたのですが、クウカイの方が先にカーミングシグナルが出て「お母ちゃん、ぼく、子どもにさわられるのいや~」になったので、急遽ぽむを出すことにしました。

ぽむは、終始平気な顔で、次々とちっちゃなおててをかいで、ナデナデしてもらっていました。
優秀な「ふれあい犬」です。度胸があってものおじしない。クウカイより素質あるかもです!
真っ白でふわふわでちっちゃなぽむは、子どもたちにとっても人気がありました!

会場では、千葉県の動物保護管理協会のしつけ教室
しつけ教室

千葉大馬術部の人たち&馬が来て、乗馬の体験もやっていました。
乗馬コーナー

このほか、犬のアジリティのデモンストレーションや、聴導犬のエキシビションもありました。
ブースでは、子どもたちに動物クイズを出したり、災害時の準備についての資料を配ったりしました。

けっこう暑かったのですが、犬たちも元気いっぱい、子どもたちも元気いっぱいで、なかなか充実した1日になりました。とくに、ぽむのタフぶりにはびっくり。子どもに触られようが、普段寝ている時間にずっと起きてようが平気のへいざで、お昼ご飯まで要求してくれました(爆)

この子たちは、愛護センターに収容されて、譲渡になる子犬たちです。
早く、よいおうちに迎えてもらいなね!
譲渡を待つワンコ

そして…愛動協千葉支部一同で慰霊碑に献花…。
慰霊碑
何千、何万の動物たちが、ここで眠っています。
人間の身勝手で、命を奪われた動物たちです。
そのような悲しい運命の動物を、もうつくりたくない。
そう願いつつ、そして1頭でもそれを減らすために、できることを捜すよ、と約束しました。

ぽむも、まかり間違っていたら、ここにいたのかもしれません。
でも、彼は、幸いにも生きる道が与えられました。
咬み咬み犬、おびえた保護犬が、ふれあい犬になれたんです。
ぽむを捨てた人に、この姿をみせてあげたいね。

ううん、ぽむを迎えようと思って下さっている人に、ぜひこの姿を、見てやって欲しいです。
ぽむ、ふれあい犬になりました!
一緒に、この子を誇ってやってください! ぜひ。

はじめて参加の私たちにいろいろご配慮くださいました愛動協千葉支部のみなさま、今日は本当にありがとうございました! 










スポンサーサイト
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。