真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩める保護者に天の助け!

この記事を読む前に、ぜひ「ぽむが咬み咬み犬だった理由」http://gorugo13pomme.blog45.fc2.com/blog-entry-15.htmlを読んでくださいね。

よこむきぽむ

咬まれ続けた保護初日、二日目。
うなり続けるぽむを怒鳴ってしまってから、私は悲しいつらい思いでネットをさまよいました。
そして、偶然たどり着いたのが、

「私は社会化のドッグトレーナー」
家庭犬のドッグトレーナー、チャーリーママさんのブログでした。

とても偶然ですが、チャーリーママさんは、私の動物愛護をともに学ぶ仲間、masamiさんと深いつながりのある方でした。
そして、「日本にアニマルポリスを誕生させよう」 
で志を同じくする、賛同者仲間でもあったんです。
これは文字通り、天のお導き~!!

早速私は、チャーリーママさんにメールを出しました。
咬み咬み犬を保護してしまったこと、ご相談できますか、と…。
チャーリーママさんから、速攻でお返事をいただきました。

「ご協力できますので、ワンコさんの様子等をお知らせください。
まずは、、叱らない。
無視(と言うと聞こえは悪いですが)が一番犬にとっては居心地がいいものです。
声のトーンも押さえてくださいね。」


ほんとに、て、天の助け~!!!

急いで、状況を記したメールを送って、見ていただきました。以下、ちょっと長いです。
(今見ると、かなりリアルに右往左往している私がいますね~^^;)


【さわれるかどうか】
そうっと近づいて、抱き上げることはOK。ただし、なでようとしたり、体を
調べようとすると、うなり、本気で咬んできます。
特に、手足、尻尾、体の後ろの方をさわられることを嫌がります。

【健康状態】
目視の限りは、問題ありません。歯が汚れている、涙やけ・目やにが少々。
便も問題なし。本日、獣医師診察の予定です。

【家での様子】
60センチ×90センチ×60センチ程度のケージに保護。現在はケージに
バリケンを接続して、寝る場所を確保しています。
昨夜は、リビングに置きましたが、今朝、二階の一室に隔離しました。

室内に放すと、大変な勢いでそこら中にマーキングしました。
これは、一晩経った現在も続いています。
ケージの中では、やはり回り続けていて、ケージを布で覆って静かに
させておくと、しばらくすると、断続的にワン・ワン・ワンと単調に吠え始めます。
夜半になって、疲れて眠りました。汚れたシーツの上で眠ることがある程度
平気なようです。

【犬同士の相性】
我が家の犬(去勢オス・中型犬 3歳半 温厚)には、自分から近づいてきます。
が、我が家の犬のほうが挨拶後に怒ってしまい、一度かみついてしまいました。
室内でのマーキングが気に入らなかったようです。
今まで他の犬(室内保護犬を含め)攻撃したことがなかったので、驚きました。
その後、我が家の犬は、近づけないようにしてあります。
(同じ室内にいることで、我が家の犬が怒ったりすることはありません)

保護犬のほうは、お腹を見せるでもなく、後ずさりしていただけですが、
それから以降、私へのうなり、かみつきがいっそうひどくなりました。

【私がしたこと】
首輪だけつけさせようとしたのですが、非常に嫌がりました。
さらに、ブラシを出すと体に当てようとしただけで唸りはじめました。

最初は穏やかに接していたのですが、あまりにかみつくことがひどいので、
うなったときに、うなり返し、大声でノー! と叫んでしまいました。
目を合わせると唸ります。(現在は目を合わせないようにしています)
かえって攻撃がひどくなりそうだと思ったので、しばらくケージに覆い
をかけ、興奮がおさまるまで2~3時間放置しました。

その後、唸らなかったので、フードを手から食べさせました。
フードボールに手をかけることで、唸ることはありませんでした。
手からフードを取りますが、その場で食べず、ケージの中に入って口の中の
ものを出して食べる様子がありました。

昨夜はしばらくは、ケージの中に手を入れようとすると唸る状態でした。

【今朝の様子】
ケージの中へ手を入れたり、なでることはOKになりました。
抱き上げられるのだけは、ほとんど拒みません。
10分ほどの散歩に連れて行くことができました。
散歩中は、他の犬のマーキングのあとを嗅ぎながらうなり、マーキング後
後足で砂をかく動作を激しく繰り返します。

午前中は一人で留守番をさせましたが、それほど吠える様子もありません。
帰宅時は、バリケンの中で眠っていましたが、出て来てやはり
すごい勢いで回り続けています。
人が来ることは嬉しいようですが、尾を振る様子はありません。

抱き上げると、まだ震えているようです。
抱き上げながら、足を拭くなどすると、やはり唸りますが、今朝は咬ませ
ないように、唸りはじめたら、他の動作に切り替えるようにしています。
(足を拭く→頭をなでてみるなど)


私からの質問チャーリーママさんからのご回答 です。


【お伺いしたいこと】
①知らない人間が側にいることがストレスかもしれないと思い、一室に隔離
していますが、人がいくと、嬉しいことは嬉しいようで、かなり興奮します。
こういう子は、どのように、接して行くのが一番よいのでしょうか。


当分(その犬が居場所を見つけられるまで2週間くらいと言われています)は
そのままでいいのではないでしょうか。
部屋に行っても、声をかけずに目も合わせずに
その仔が観察したいだけさせる、という感じがいいと思います。
犬は、自分から近づいて匂いを嗅いだりできないと本当の落ち着きが訪れませんので
知らん顔して匂いを嗅ぎに来るまで、敢えて声をかけない方がいいです。


②回り続けることは、たぶん以前からのストレスがあるように思います。
落ち着くと止まる(食事・寝るとき、抱き上げてほしいとき)ようなので、
とりあえず様子を見ていますが、それでいいでしょうか。
(獣医師にも相談します)


それで大丈夫です。
止まったら「いい仔ねぇ~」でフードなどを食べさせるといいです。


③保護場所ですが、現在の狭いケージから、畳2畳分ほどのサークルに
切り替えようと思います。寝場所をバリケンにして、トイレをサークル内に
設置する予定です。
サークルからは室内に出さず、私がサークルに入って相手をするつもり
ですが、それで大丈夫でしょうか?


一部屋の中でフリーにはできませんか?
バリケンは置いておくのもいいですけど、出来ればベットだけの方がいいように感じますけど。
あまり干渉せず、マーキングなどもとりあえずはし放題状態で・・・
シーツでカバーしてください。



④うなり始めるタイミングはなんとなくわかるのですが、唸ったから足を
拭くのをやめる・ブラシを隠すなどは、うなりを助長してしまいますよね?
自分が行いたい動作をやめることと、無視のバランスがよくわかりません。
まだ、足を拭いたりブラシをかけようとしたり、そのものをやめたほうが
よいのでしょうか?


足を拭いたり、ブラッシング・・・
その状態を見ないと何とも言えませんが、亮子さんの感覚で、
「いける」と思えば、唸られても噛まれても、淡々とこなす、
事も選択肢の一つかと思います。
ですが・・・怪我をしては困りますけど。
その淡々とこなす、ことが犬の行動を無視している、ということですね。
究極の無視。
犬にとっては一番、畏れる存在です。
また・・・最も信頼に値する行為だと思います。


⑤かみつかれたときには、静かにその場から立ち去ることを繰り返す
だけでよいのでしょうか。


ということで、先ほどの続きですが、
その場にいてもその仔が落ち着けるようでしたらその場所にとどまって
興奮が収まったと同時に「いい仔だね」と声をかけると
興奮が収まるのが早くなります。
反射的にいい仔になって来ます。これは不思議ですよ。
そして、もっと落ち着けるようになれば、ホールドラッピングも試せます。


・・・・・・・・・・・・・・・

もうほとんど天からの啓示~~!!!


大げさじゃありません。
私は、片っ端からアドバイスを実践していきました。(お部屋解禁だけは、できなかったんですけれどね、住宅事情で^^;)

そして、文字通り、ぽむは「反射的にいい子」になっていったんです。

奇跡が、はじまりました。










コメント

よく聞きますよね。
うちのコバカだから・・・とか
教えてもダメ・・・とか。

ちょっとしたコツで変わる事って多いですよね。

ところでぽむちゃん、高速回転が多いのですか?
興奮した時だけじゃなく・・・ですか?
ポメって何故か興奮した時に回転するコが多いんですよね。
どの位回るんだろ。。。
チャーリーママさんのブログと出会ってから、犬への向き合い方に対する意識が、すごく変わりました。
なんというか、会話のチャンネルをみつけたような感じがしました。
目からウロコがポロポロ何枚も落ちました(^^)

ぽむの高速回転(はい、めっちゃ高速でコマみたいです)は、その後、常同行動というものだとわかりました。動物園の熊なんかが、檻の中で同じ行動を繰り返すアレです。あとで別記事にしますね(もちろん動画付きで…笑)
どうも、ケージに閉じ込められて飼われていた疑惑があるんですよね…。
でもだいぶ良くなったんです。今は、興奮したときだけになりました。
みんな回るのね~、だったら、あまり心配しなくていいかしらね!
虫一郎さんのところから来ました。
いや、もう…あと2年、せめて3ヶ月早くこの記事と出会ってたら!!!と、悔しいです(笑)
ぜひ転載させてください。
はじめまして、こんにちは!
ご事情、うかがいました。
たくさん、おつらいこと、悔しいこと、あったとおもいます。
でもきっと、これからにつながりますから! 

> 虫一郎さんのところから来ました。
> いや、もう…あと2年、せめて3ヶ月早くこの記事と出会ってたら!!!と、悔しいです(笑)
> ぜひ転載させてください。

転載…う~んと、どうしようかな、と悩んだのですが、今読み直してみると誤解を招く恐れのある
表現もあるので、恐縮なのですが、URL紹介していただくのはOKですが、転載はNGにさせて
いただけませんでしょうか。

唸る、咬むをする子に、「いける、と思えば足ふきなどをさっさとやる」これは、かなり
びみょ~な表現で、チャーリーママさんも非常に慎重になられることなんです。
(私は、このとき喜びの余りうっかりブログ記事にしてしまったんですが^^;)

ごめんなさいね。
どうか、ぴょん母さんが、この記事をお読みになって、ご自身の言葉にかみ砕いて、そして
記事になさっていただけると、と思います。

読み返してみると、私がいかに何も知らなかったかが、よくわかります。
あれから1年半、私はずいぶん変わりました^^
咬みワンが教えてくれたことは、かくも大きかった!
その思いだけは、「転載」していただきたいかも(をいをい…笑)

咬みワンに出会ってしまった方が、みんな心穏やかな日を取り戻されますように。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://gorugo13pomme.blog45.fc2.com/tb.php/16-6f13bab5
<< 甘噛み♪ 甘甘ぽむ♪ | TOP | しとしとぴっちゃん♪ な、お散歩。 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。