真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽむに残る咬み咬みスイッチ!

フジウラさん作!ゴルゴ★ぽむ 

ゴルゴ★ポメじぃと呼ばれた理由は、フジウラさんの描いてくれた絵のように、「後ろに立っただけで咬んだから」でした。

なぜ後ろに立っただけで咬みにきたのか?
私がぽむの後ろに回ったのは、ぽむに、ご飯を食べさせている最中でした。
食いしん坊のぽむは、とにかく怒りながらでもご飯はがっつくタイプです。
ご飯を食べている間は、夢中ですから私も油断していました。
ご飯を食べている間に、ぽむの真後ろにある、汚れたトイレシーツを交換しよう、と手を伸ばしたわけですね。そしたら、「ガガガガガガ!」というわけです(笑)

ちなみに、今は上記のシチュエーションでも、ぽむは悠然とご飯をたべているだけです。咬もうなんて意識もしてないでしょうし、私も平気で用事を済ませてます。

ではなぜ、そのときは咬んだのか。
「ご飯を安心して食べたかったのに、後ろであんまり良く知らないオバハンがうろうろしてて、取られるかもしれない、と思ったから」です。
つまり、ぽむにはまだ恐怖心が残っていて、私と信頼関係が築けていなかった、ということですね!
いまはさすがに、そこそこ信頼関係は築けていますし、もう誰も本気咬みはされていません。

ぽむには、実はちゃんと残っているんです。
「咬み咬みスイッチ」が。

ぽむアップ
こ~~んなお顔しててもネ♪

間違って押してしまえば、ぽむは元通りの咬み咬み犬に、戻ってしまうでしょう。

ぽむを迎えてくださるご家族には、そのことをはっきり申し上げておきたいのです。
そして、ちゃんとスイッチがあることを知っておいていただき、押さないように気をつけて生活してやってほしいのです。

もちろん、万が一間違って押しちゃった場合の、リセットスイッチも、ちゃんとありますからご安心を!

ぽむの咬み咬みスイッチ、ちょっとしたシリーズで次の記事から!!

コメント

下のメールは2年前のシロスケをわが家に迎えて一週間めの出来事でした。
仮母さんへの相談メールです。
その時は途方にくれてしまいましたが今では良い思い出なりました。
ぽむ君も今は大変かと思いますがきっと良い思いでになる日が来ると思います。
私たちの体験がぽむ君を迎えることを検討しておられる方のお役に立てれば何でもお伝えします。
理解ある良いご家族が現れること心から願っております。
----------------------------------------------------------
●●● 様

とても残念で悲しいことが起きてしまいました。

今朝しろすけが家内に噛みついてしまったのです。

食べ終えた朝ご飯のお皿を下げようとしたところ怖い顔でうなったかと思うと突然噛みついてきたのです。

散歩のあとの前足ふきなんかのときもウーッとうなって威嚇することはあったのですが多分それだけで本当に噛みつくことはないだろうと油断したのがいけなかったのかもしれません。

その後、私が出勤して二人になると益々ひどくなって二階から降りようとする家内に向けて一段目に両手をかけ歯をむき出し怖い顔で脅かすそうです。

こういった状況の対処方法をネットで調べても人によって様々な意見があり私たちにはどうしてよいか分からないのです。いずれにしても犬について深い知識と経験が要るそうです。

《 以 下 省 略 》
ほんとだ~、同じでしたね!
でもしろすけ君はずっと大きいですから、怖さ、悲しさもひとしおだったこととお察しします。

今は「よい思い出」と言える! すばらしいことだと思います。もちろん、問題はないにこしたことはない。でも、問題があっても、それが噛み付くというようなことでも、よい思い出に変わることがある。たぶん、乗り越えたということは、平穏に過ぎた時間より、ずっと濃密で絆を感じることなのだと思います。

ま…できれば、ぽむがゴルゴに戻らずに、新しいママ・パパになじんでくれることを、もちろん祈っているのですが!

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://gorugo13pomme.blog45.fc2.com/tb.php/32-51f0173a
<< ぽむの「食べ物を守りたいスイッチ」 | TOP | 【トラックバック】条件なしに愛されるべきだと思う >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。