真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原で「いい子の太鼓判」もらって帰ってきたよ~!

チャーリーママさんのブログからお借りしてます♪
小田原のチャーリーママさんのところまで、「お散歩トレーニング」に行ってきたよ~!!

ぽむとクウカイを車に乗っけてはるばる東京横断して、行ってきました小田原城下!
で、小田原城の写真を撮り忘れて帰ってきた亮子です。カマボコは買って帰ってきたのに(爆)

ぽむを保護してから、言葉にならないぐらいお世話になったチャーリーママさん。
どうしてもお顔を見てお礼を言いたかったのと、実際のぽむを見てもらって、「うん、いい子になったね!」ってプロの太鼓判を押してもらえたら嬉しいな、と思ったのです。
ぽむのことをブログで応援してくださっている、お散歩トレーニングに参加している方たち&ワンコたちにも会える! と楽しみにして行ってきました!

お散歩トレーニングに参加しているのは、ビビリちゃんだったり、興奮が激しい子だったり、ワンコが苦手な子だったり…飼い主さんがなんらかの悩みを持っている子たちばかり。「お散歩」というワンコの生活になくてはならない&当たり前のことが、実は大変なの、という子は少なくないんですね。
ぽむは、基本、度胸はいい子なんですが、ときどき他の子やバイクに突発的に吠えかかったりします。そういうときの対処法を、実地に見て、学びたかったというのも大きな理由のひとつでした。

ぽむに会うのは初めての子ばかり。いきなり吠えかかったりしないか、ドキドキしながら行ったのですが、拍子抜けするぐらい、ぽむはみんなと最初から仲良くできたんです。
びっくりしたのですが…これはね、このお散歩トレーニングの場に流れている、何とも言えないリラックス下、あったかな雰囲気の影響大! だと思いました。
チャーリーママさん、ご参加のみなさん、本当にありがとうございました。楽しかったよ~~!!

でね、ぽむは「家庭犬としてまったく問題なし! 先住犬がいても充分うまくやっていける」というでっかい太鼓判を、チャーリーママさんにいただくことができました。
ぽむ、もう、どこのお家でも幸せにやっていけるね!!

参加のお友達紹介を兼ねながら、私が参加して感じたことをお話ししてみたいと思います。
ワンコのお名前に、ブログがある方はリンクを張らせていただいてます♪
茶々丸君
茶々丸君、ちわわんのパピーです。ママさんはワンコ初心者さんということで、ワンコのお勉強に来ていらっしゃいました。この後ろにたおしたお耳、喜びがいっぱいです!体は小さいけれど物怖じしないし、のびのびハッピーな感じです。すごくいい社会化期を過ごしているんだなぁって感じがします。

ラムちゃん
ラムちゃんは、とっても繊細な子。苦手なワンコがいると、パニック的に激しく吠えかかってしまいます。が、この写真を見るとわかるとおり、とっても笑顔の素敵な子で、おやつをあげると、短い尻尾をぴっこぴっこ振って喜んでくれます。

ラムちゃんに吠えられてびびるクウカイ
おおっと! クウカイのような、日本犬系の子が苦手なようでした。柴犬の市ちゃんも、吠えられてたね! 日本犬系の子は、張った胸と立ち耳巻き尾が、「喧嘩売ってる?」に見えるんですってね。要するに、犬的には「コワモテ」ということなのでしょう。
 でも、クウカイはこういうのはぜんっぜん平気です。怒ることもありませんので、ラムちゃんはあとでそぉ~っとクウカイの側へよって、においをかいでみたりしていました。チャーリーママさんが観察したところでは、クウカイも、パニックを起こすラムちゃんが気になって仕方ないらしく、吠えられるとわかっていてわざとラムちゃんのほうへ行ってみようとしていたんだそうです。(二頭引きなので、注意散漫な亮子でした。ラムちゃんのママさん、ごめんなさいね!)

ラムちゃんとぽむ
ラムちゃんは、ぽむとは大丈夫みたいでした。最初のご挨拶は、さすがに緊張気味。ラムちゃんのお口は、みゅ~っと後ろにひっぱられて「怖いな…」って言ってるし、目も完全にそらすことができなくて、ぽむを見ちゃってますね。
こういう場面で、たとえば無理矢理「ダメダメ~」なんて引き離すと、ワンコ同士は納得できてないので、怖い思いだけが残ったりしちゃう、ということです。お散歩トレーニングは、「飼い主さん同士が、他の子も育てる」という思いで接する場所。だから、ワンコたちのシグナルをじっくり見つつ、いつでも介入できるようにしつつ、犬たちの行動を否定せずに過ごします。

アスパシアちゃん
アスパシアちゃんは、やっぱりとっても臆病さんだったそうですが、そんな風にはみえませんでした。なんというか、怖い、苦手、という感情が出なくてすむ距離を、自分でみつける力がついたんじゃないかなぁ~と想像します。すごくマイペースに歩いている感じなんですが、間違いなく、たくさんのワンコと人と歩く時間を楽しんでいるんですよね。ぽむがアスパシアちゃんを気に入っちゃって、オシリをおっかけまわしてて…^^;;; 美人さんだから…ごめんね♪

こはるちゃん
こはるちゃんはシーズーの女の子。あまりたくさんお話しできなかったのですが、彼女からもアスパシアちゃんと同じく、自分のペースをみつけて楽しんでいる雰囲気を受けました。大きな目が、思慮深そうな感じがして、物静かな子でした! おやつも喜んでくれたし♪

お名前忘れちゃってごめんね、ボーダーちゃん
お名前わかりました! ボーダーコリーのバディ君です。不思議な毛色のすんなりした体型のこの子、完全に尻尾が入ってしまってます。パパママさん曰く、すごく恐がりで、社会化がうまくいかなかった子なのだそうです。おやつもほとんど、外では口にできませんし、パーソナルスペース(他者に入ってきて欲しくない範囲)が広いので、誰ともからむことはできません。最初にチャーリーママさんから注意がありましたので、参加者はみんな、この子と目を合わせないように、注視したり側に寄ったりしないように気をつけています。
 でもね、私、この子からも、この子なりに場の雰囲気を楽しんでいる感じを受けました。大好きなパパとママが一緒なので、固まってしまったり、他の子に突進したりすることはありません。尻尾は入ったままだけれど、不思議そうな顔で少し離れたところから参加者を見ているんです。パパとママは、とっても他の子たちをかわいがってくださって、クウカイなんか、山のようにおやつもらっていました(汗) パパとママがその場を楽しんでいるのを、この子も感じているんですよね。で、誰もこの子を脅かしに来ないので、安心もしてられる、という感じなのだと思います。

はなちゃんとマロ君
はなちゃん(左)は黒ラブの女の子。まだまだパピーちゃんです。アップの写真が撮れていなくって、ごめんなさい~! この子も、ものすごくいい子に見えるんですが、興奮しちゃうと暴れちゃったり、転移性の咬みが出たりするとのことで、ママの手は傷だらけ。でも、親しい子がいて、誰も叱ったりしないこの場では、おだやかでおちゃめで、いかにもラブらしい甘えっぷりで、ほんとにリラックスしているようでした。はなちゃんのママとお話ししたのは、たとえ暴れていてもちょっとおさまった瞬間に「いい子だねぇ~」としみじみ声をかけると、「反射的にいい子になる」というチャーリーママさんのアドバイスのこと。これ、ホントなんです。はなちゃんもそうだったし、ぽむにも効果絶大でした。

カイ君とぽむ
カイ君もまだパピーちゃん。実は、クウカイが攻撃しちゃわないか、唯一心配だった子なんです。というのも、丁度1歳前後の若いオスに対して、クウカイが「教育的指導っ!(ギャウッ!)」をやることがあります。ガツンとつっかかってくる子とか、マウンティングをしようとする子には、特にキツイ一撃を繰り出す(といっても本気咬みはしないですが)をやることがあります。それが出たら、カイ君、トラウマになっちゃうかも…杞憂におわりました♪ほっ だってカイ君、礼儀正しいいい子だったんですもの~~♪

クウカイと市ちゃんとぽむ
市ちゃんは、おきゃんという言葉がぴったりの柴犬の女の子。姿はクウカイときょうだいのように似ています。むむ? 空海とお市さんで、時代を超えて歴史系仲間?(笑)
 市ちゃんのママさんのブログを読んで、私はこのお散歩トレーニングの大きな意義を思いました。市ちゃんみたいに、元気が良すぎて誤解を受ける子、そのママパパは、ほんとに「肩身の狭い」思いをすることがあります。お散歩で気まずいことほど、がっかりするというか、しょんぼりすることってありませんよね。ここでは、「だいじょうぶよ~」ってその場の誰もが笑顔でいてくれる。「私は市よっ(ワン!)」を、犬同士の信頼関係の中で、消化させることができる。もしうまく犬同士でからめなかったら、叱ることなく、飼い主さん同士が上手に介入して、自分の犬も相手の犬も、心穏やかでいられるようにする。
 そういう場だから、ワンコものびやかに成長できるし、飼い主さんも我が子をまるごと受け入れる心の余裕ができるんだ! ってすごく感じました。

マロ君
マロ君
は、赤い毛色がとっても鮮やかな、ポメラニアンらしいポメラニアン。久しぶりの参加とのことで、「なかなか打ち解けられないかもしれませんが、積極的におやつをやってください」とママさん。最初はほんとに、みんなと距離を取る感じがあったのですが、ゆっくり時間をかけて自信を取り戻している感じを受けました。すこ~しずつ、距離が縮まっていくんです。それで、おやつも最初は持参のものしか食べられなかったのですが、最後には私の持って行ったおやつもぱくぱく食べてくれました。そして、成功!

ポメポメ倶楽部
ぽむとのツーショット! です。おやつに夢中ですが、初対面のぽむとこんなに側で過ごすことができてる。これが、チャーリーママさんの推奨する「無理せずに自信をつける」過程だと思います。お散歩トレーニングは2時間ですから、2時間かけて、その場でリラックスできるようにする。普段のお散歩で、「ああ、怖がっちゃった、すみません」ってソソクサしちゃうと、こういうことって、できにくいですよね。
 マロくんのパパさん、ママさんは、同じポメということで、ぽむのことをとってもかわいがってくださって、ママさんはぽむをやさしく抱っこしてくださいました。
ぽむも、知らない人に抱っこしてもらえる子になったなぁ…

2時間経ち、小田原城公園に夕暮れが迫ってきたとき、私がハッと気づき、そして本当に温かい気持ちになったことがあります。それは、「この2時間、誰も犬を叱らなかった、犬を叱る声が全く聞こえなかった」ということの何とも言えない心地よさ、でした。

普通、犬が何頭もいて飼い主さんがいっぱい集まってると、だれかしら「こらっ!」って言ってたり、「ダメ~!」「やめなさ~い!」という金切り声が聞こえるものですよね((笑))私だってそう。クウカイをキッツイ声で叱ってたりします。慣れっこになっちゃってるんだけど、あれって意外に、飼い主にとってストレス(ということは、犬にとっては間違いなくストレス)になっちゃってるんだろうなぁ~~。

もちろん、まったくの制止なしではないし、「あ、だめだよ」「やめようね」という穏やかな声はしているんです。でも、誰も、犬の行動や考えていることを否定しないようにしている。それに誰も、飼い主さんを責めたり、白い目でみたりしない。たとえ、犬同士で小競り合いがあっても、「ごめんなさい」「大丈夫よ」が、温かい言葉と雰囲気で交わされる。

集まっているのは、「問題児たち」のはずなのに、ひときわ穏やか。なので、トレーニングでない、普通のお散歩の人たちが、自然に寄ってくるんです。犬たちも、ギャウッ! があってもその後すぐリラックスした表情に戻るし、決して逃げだそうとしたりしない。
ああ、こういう場って本当に貴重だと思いました。

クウカイもぽむも、シャイさという点ではほぼ問題のない子ですが、こうして遠出してきて、みなさんのあったかい思いにふれて、山のようにおやつをいただいて(トレーニングに参加したつもりは彼らにはなくって、きっとおやつバイキングの会だと信じていたに違いない…爆)充実した小旅行を体験することができました。

このあったかい思いを胸に、ぽむにはぜひ、新しい世界で幸せをみつけてもらいたいな、と思います。何も心配なく、安心して、送り出してやれる。そんな自信を深めた1日でした。

総走行距離250キロ、私の鬼門、ジェット首都高スター(首都高って非人間的に曲がりくねっててしかもみんな飛ばしてくるし…無いと知りつつ、いつも「ワープできる道」を捜しちゃうのよねぇ…)も苦にならないぐらい、帰り道、私はリラックスしていました。
犬たちも、帰りの車の中ではおなかもいっぱい、気持ちよさそうに眠って帰ってきたんです。


















コメント

リンク、全然オッケーです!
てか、ありがとうございますo(^-^)o
茶々丸のこと、かわいく撮れてますね~(親バカ)♪
一組一組、丁寧に書かれてあって、びっくり!やっぱ尊敬します!
私はまだまだ、他のワンコさんの気持ちをわかってあげられる余裕がありません(*_*)
全身で茶々丸を愛してあげられているか、そして愛情が伝わっているのか、自信ありませんよ。
でも、そうでありたいと思います。
毎度、亮子さんの記事を読んでは、涙ポロリ。
母のあたたかさ、強さ、私も見習ってがんばりますp(^-^)q
またお会いできるといいなぁ。
それでは…(*^_^*)
書くの忘れました(汗)
レバーおやつの作り方の載ってるホームページ、教えてください。
お願いしますo(^▽^)o
早速ありがとうございます~~♪
そうそう! レバーブラウニーの作り方でしたよね!

えっと、私の「ムダに長いうんちく」がうるさい記事でほんとに申し訳ないのですが^^;;下記です。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryokoshizaki/37015148.html

思えば、レバーブラウニーの作り方を知ったころ、私もまだワンコ初心者でした~~。今も、クウカイだけがウチの子ですから、エラソなことって絶対言えないんですけれどねv-414(言っちゃってますが…ぼそ)

レシピは、かなりたくさんの量ができてしまいます。茶々丸君サイズなら、レシピを半量にして少しずつのほうがいいかもしれません。
それと、レバーの食べ過ぎが気になる場合は、レバーの量を半分を鶏のミンチに変えたりしてみてください。
ミキサーがない場合は、レバーはまな板の上で包丁で細かく叩くといいと思います(大変かもだけど…)ミキサーを使った方が早くなめらかにできますが、お肉のつぶつぶが残ってたりしても、ぜんぜんオッケーです。
人間のおやつとちがって、アバウトで大丈夫なので、気楽に試してみて下さいね♪
茶ー君ママさんと同様、亮子さんの記事を読むと
何故かウルウルしてしまうおかぁちゃんです。
はなは転移性の攻撃が出るタイプの興奮症ですけど、
素直で、優しい仔なんです。
だから、いいところを伸ばしてあげたいと思って、
いっぱい褒めて、優しく包み込むように育ててきたつもりです。
私は、遠回りすることなくチャーリーママさんに出会いました。
そして、はな共々救われました。
いろんな方に出会い、いろいろな人に見守られて、今があります。

はなみたいな仔が保護センターにたくさんいると、チャーリーママさんから聞きました。
他の命を粗末にすることは、自分の命を粗末にしていることと
同じことです。
どんなことがあっても、ぽむ君のような境遇は許せないです。
でも、ぽむ君は救われました♪
これから、きっと幸せな犬生が始まりますね。
いいご縁が見つかりますように…
昨日はありがとうございました。
ぽむ君に会うまでは白い毛色なのでスピッツみたいに
少し大きくて、ゴルゴ★ぼむじぃ(笑)の別名(?)から
ちょっと厳つい感じなのかと勝手に想像してました。(笑)
でも実際に現れたのは小さくって可愛らしいポメちゃんで
しかも他のワンちゃんとも問題なく過ごせる
とってもいい子でした♪
...で、やっぱり思うのは
「なんで捨てちゃうんだろう...。」です。
考えつかないです。
ぽむ君には絶対に幸せになって欲しいと思います。
優しい家族が現れることを願っています。

追記: 
写真撮影がお上手ですね!
こはるの事も可愛く(親ばか?)撮っていただいてありがとうございます。
ぽむ君、沢山のワンちゃんととっても楽しい時間を過ごせたみたいですね
もうすっかり立派な家庭犬の仲間に成長しました
これも亮子さんの愛情の賜物です
旅立ちの日が近いかもしれませんね
こちらこそ読んで下さってありがとうございますm(_)m
いっぱい褒めて、包み込むように…。はなちゃん、それに見事に応えて育ってるんですよね~!
初めてお会いして、ぱっと見だからかえってわかることってあると思います。第一印象って間違ってないというか。

でも、おっしゃるとおりで、はなちゃんみたいなラブちゃんが、たくさんセンターには収容されているんだそうです。飼い主さんがあきらめてしまうのね。自分で連れてくる人までいるのですから…そのような人たちに、一人でもいい、あのお散歩トレーニングの雰囲気を味わってもらって、思い直して欲しい、と思わずにいられません。
ぽむも、私がもし、あきらめて保健所に渡していたら…。
あのとき、あきらめずに本当によかった。あの咬まれてどうしようもない日々のあとに、こんな幸せな日が来るんですよね。
本当に昨日はありがとうございました!
お話しがあまりできなくって残念でした。こはるちゃんの興味津々な近づいてきかたがかわいくって…♪

ぽむは、毛を刈るまえは、やっぱりちょっとでかくっていかつい系に見えたかも(笑) そして、「ぽめじぃ」の名のとおりで、ジジ臭かったです。歩き方も、あんなふうにちょこまかではなく、のったのったと…しんどかったんですよね。たぶんですが、最初より3~4歳若返った印象かもしれません。嬉しいことでした。

捨てられた当初のぽむをみたら「何で捨てちゃったか」はっきりわかりました。そうしたのは飼い主の責任ですが、こうなっちゃったら捨てたくなる、というのもわかる気がして。今の姿を、前の飼い主に見せてあげたいです。あきらめなかったら、こ~~んなふうになるのよって…。
ありがとうございます。しろすけ君が立派な家庭犬になってニコニコ笑っているのとおなじように、ぽむもそうなれたのではないかと思います。
ほんとに、みなさんのおかげ…あとは、やさしい手が迎えに来るのを待つばかりなんですけれど…
そろそろ、「ぽむの時間」が来るのでは、と私も思っています。
 
昨日はお疲れ様でした。
チャーリーママさんからの太鼓判、本当に良かったですね!!
普段始めて会うワンちゃんには近づかないアスパも、ぽむ君にはノーガードでした。
亮子さんの手厚いケアと優しさで、本来のぽむ君の穏やかな性格を取り戻せたんですね!
これからのぽむ君の犬生、ズーッと穏やかに暮らせるいいご縁が一日も早く見つかるよう願っています。
昨日はお疲れ様でした
ポムくんは白い毛がプワプワして可愛らしくブルーのハーネスが似合ってましたね
ワンちゃんとラムが挨拶をする時の顔を今まで見た事がありませんでした(リードを手にしてますので)どんな顔をしてるのかズーッと気になってましたがスゴ顔でビックリでした

クウカイくんの視線を時々感じてました
ラムに大丈夫だよ~怖がらなくて良いよ~と優しい眼で語りかけているような気がしました
亮子さんポムくんクウカイくん、ありがとうございました
ポムくんに新しい家族が見つかりますように!!
昨日はロングドライブご苦労さまでした。
私も首都高を運転するのは苦手です。特に車線変更が・・・

ぽむくん本当にかわいかったです。
抱っこした時、いっぱいお口の周りをペロペロしてくれました。
お昼にケンターキー食べたからかも。

書きたいことはいっぱいあるんですけど、とてつもなく長くなっちゃいそうなので、
一番伝えたいことだけ。
クウカイくんがとっても良い仔でした。
優しさが体全体からあふれ出ていて、見ているだけで幸せな気持ちになりました。

今回、亮子さん、クウカイくん、ぽむくんと会えたことで
マロに対する気持ちが強くなりました。
遠いところを本当にありがとうございました。
そしてまた是非お越しください。
その時はきっとクウカイくんだけでしょうね。
お散歩トレーニングでは、お世話になりました。
今回、ぽむ君、クウカイ君、亮子さんにお会い出来て、嬉しかったです。
ぽむ君…とっても辛い過去を持っているのに、お話しを聞かなければ、全く分からない位、明るくて愛らしい笑顔を見せてくれていて、「愛情の力って凄いなぁ」って思いました。
亮子さんのような、優しい方に保護された事で、ぽむ君の心が救われたんですね。
私には、何の力も有りませんが、ぽむ君の新しい犬生が、愛情がいっぱいの家庭で迎えられる事を、祈ってます(^-^)
そして、クウカイ君♪
凛々しい顔立ちで、女の子に優しいなんて、強くて優しい男の子!憧れちゃうわ~(*^_^*)
カイにも、そんな男になって欲しいんですけど、カイには、ちょっと無理かなぁ(笑)
カイは最近、ワンコの皆さんに、ちょこちょこ、教育をされてるんですけど、何故か、教育されても堪えないタイプでして...(^_^;)私としては、是非、クウカイ君にも教育して欲しかったんですけど、今回、教育の機会に恵まれなくて残念でした~(笑)


こんにちは、先日はありがとうございました!
アスパママさんのカメラワークには感動です。一眼レフ片手に、でもアスパちゃんから目を離さず。
私は2頭引きもあって、カメラを充分使い切れませんでした(そのうえ、動画をとるつもりがメモリーカードを入れ忘れて来たというのは、ナイショです…笑)

> 普段始めて会うワンちゃんには近づかないアスパも、ぽむ君にはノーガードでした。

ほんとですか! 嬉しいような不思議なような。ぽむ、とってもしつこかったでしょう? アスパちゃん、嫌がってなかったかな^^;;;;
ぽむがどこへいっても、あんなふうにかわいいお友達がたくさんできることを、祈ってやみません。
こんにちは! 先日は本当にありがとうございました。
ラムちゃんには、ぽむもクウカイもとっても興味津々で、側にいたくてたまらなかったようです。

> ワンちゃんとラムが挨拶をする時の顔を今まで見た事がありませんでした(リードを手にしてますので)どんな顔をしてるのかズーッと気になってましたがスゴ顔でビックリでした

そうですよね、なかなか自分の子がどんな顔しているのか、見えないというジレンマありますね(笑)
ラムちゃん、がんばっているお顔ですよね! えらい!
ぽむもラムちゃんと同じような顔、してませんでした? やはりあの子も対犬緊張はあるんですよ~。
我が家に来てから、周りの社会化ができている子たちと次々会わせているうちに、ご挨拶が上手になってきた感じがあります。先日も、お散歩トレーニングのメンバーさん以外のワンコちゃんに、吠えついていたんですよ~。

> クウカイくんの視線を時々感じてました

クウカイは、とても不思議な子で、なだめ役を買って出るんです。
でも、本ワンの姿がコワモテで…(苦笑)
ラムちゃんがかえって怖がってたら申し訳ありません^^;;でもちょびっと勇気が出たかな~。
こんにちは! ポメポメツーショット、嬉しかったです。
あれ? マロははさんも、都内ですか? 首都高は…ナビをつけるまでは、怖くて上がれませんでした(笑)

ぽむを抱っこしてくださってありがとうございました。
お口ぺろぺろは、すごいんですよ。私たちには、油断してると10分でも15分でも、顔を両手で押さえつけてやってくれます。リビングで横になってたりすると、顔の上に乗ってきますから(爆)
あの子なりの、ちょっと必死な愛情表現なんですよね~。
かわいいんですけれど♪

> 今回、亮子さん、クウカイくん、ぽむくんと会えたことで
> マロに対する気持ちが強くなりました。

何より嬉しいです! マロ君の仰向け抱っこ姿の幸せそうなこと…。
ぽむにも、マロくんのような幸せをちんまいおててでつかんで欲しいです。
こんにちは! こちらこそお世話になりました!
ぽむがみなさんと明るい顔でお会いできて、本当に私も嬉しいです。
保護した当時は、考えられませんでした。

> カイにも、そんな男になって欲しいんですけど、カイには、ちょっと無理かなぁ(笑)

いえいえ! カイ君はこれからです! クウカイも、4歳という年齢を重ねて、味のある子になってきていますから(笑)

> カイは最近、ワンコの皆さんに、ちょこちょこ、教育をされてるんですけど、何故か、教育されても堪えないタイプでして...(^_^;)私としては、是非、クウカイ君にも教育して欲しかったんですけど、今回、教育の機会に恵まれなくて残念でした~(笑)

堪えない、というのはすごく大事なことかも。犬同士での寛容さを身につけて、なおかつ自信もついていってるってことだと思います。実はクウカイも、近所の兄貴犬たちにかなり鍛えられて、ガウられてもいっこうに平気だったんです。大丈夫、クウカイがカイくんに何もいわなかったのは「おりこうさんで何も言うことがなかった」からですよ~~!(笑)
亮子さん こんにちは
ぽむくんも クウカイくんも たくさんのワンコさんと遊んで
たっぷりお散歩もできて楽しい一日となって良かったですね!
ぽむくんとマロくんの2ショットはかわいいですね~
見ているだけで幸せ気分を味わえます。
亮子さんの感想コメントもとても勉強になりました (*^_^*)
先日はありがとうございました!
密かに楽しみにしていたクウカイくん、予想以上にイケメンでした♪
レディーに優しいクウカイくん、スケバン市にも大人の対応で、
おばちゃんクラっときちゃいました。
そして、ぽむくん♪
愛くるしい表情がたまらなく可愛かったです。
ここまでくるのに色々大変なこともあったと思います。
素晴らしいご縁がありますように。

おきゃんって言うとすごくかわいく聞こえていいですね♪
スケバン呼ばわりしちゃかわいそうかしら・・・。
チャーリーママさんにも、市は育てるのが難しい仔だと言われました。
とても強いものを持っているので、間違った育て方をするとその強さが間違った方へ向かってしまうそうなのです。
施設などに持ち込まれる柴犬が多いと言うのを聞くと
本当に胸が締め付けられる思いです。
どうかそんな仔のいない世の中になって欲しいものです。
『強さを正しく育てる』
チャーリーママさんが教えてくれた私の課題です。
こんにちは!お返事が遅くなりました。
先日は、エル君&エルママさんにはお会いできなかったので残念でした。またお会いできる機会があれば嬉しいです♪
小型犬を飼ったことがありませんので、ぽむがお初体験だらけですが、ポメラニアンという犬種にも興味がワキワキです。マロ君と会えてよかったです~♪
学ばせていただきたいことが山盛りの2時間でした。またいつか必ず参加しようと思っています。
こんにちは! 先日はありがとうございました。クウカイのこと、イケメンと呼んでくださって嬉しいv-398
以前、スーパーで買い物をするお母さんに初々しく寄り添う、14,5歳の美少年を発見して、心底うらやましいなぁ~と思ったのですが、クウカイを連れてあるいていると半分ぐらいその気分を味わっている気がするオヤバカ全開の私です(爆)
 「強さを正しく育てる」う~~む、深い言葉ですね。
ぽむを保護する前、愛護センターで、咬み癖があるという2歳の柴ちゃんと飼い主さんに会いました。その後、柴ちゃんは訓練施設に預けられたそうですが、咬み癖は直らず、飼い主があきらめたので本当に処分寸前まで行きましたが、周囲の方がこの子が良い子だということを理解していて、必死の活動で、新しいお家をみつけたそうです。その子を深く理解できる人がいることが、犬の幸せだとしみじみ思います。
いっちゃん、スケバンて~! あ、でも唯ちゃんとか、南野ちゃんとか、由貴ちゃんとかのイメージでいくっていうのもアリかも~(わ、わかります??)
 とっても詳しい様子を書いていただいて、初めてあんずとカンスケを連れて小田原に行った時のことを思い出しました。
 周りの方がさりげなく、でもしっかりと気にかけていてくれて、犬という犬が苦手で唸りもせずに噛みに行っていたカンスケが落ち着いて過ごすことができました。
 あの時はほんとうに涙を堪えるのが大変でした。

 ぽむ君もクウカイ君も自然となじんでいて、リラックスできたのでしょうね。
 また小田原に行きたいなぁと思わずにはいられない記事ですね。
 こちらも心が温かくなりました。

 帰りの首都高、大丈夫でしたでしょうか?
 私はいつもジェットコースターの時はドアの上にある取っ手にしがみついています。
 空いているからといって都心にいったりすると、橋げたみたいなのが真ん中にあったりして生きた心地がしません。
 いつか、つくばの方でもお会いできるのを楽しみにしています!
 その前にポム君が本当の家族と1日でも早く出会えますように!
こんばんは! そうなんですよ~首都高。たまさんにせっかく、湾岸ルートを教えていただいていたのに、当日、「土曜日だし、空いてそうだし、海老名SAでカマボコ食べたい…」とか言いながら、えいやっと首都高に突っ込んでいってしまったんです。

そして、天罰てきめん(笑)首都高は無事通過できたのですが、川崎から厚木まで見事な事故渋滞に巻き込まれ、海老名SAに入れなかったというv-408(おまけに、やっとこ入った平塚PAで、ぼうっとしてたらポカリスエットをショルダーバッグに瓶半分ぶちまけ、財布からポーチからカメラまでみんなベッタベタにしてしまい、チャーリーママさんのお店で新しいバッグを急遽購入しなければならなかったというドジっぷり…)
次からは湾岸ルートで行こうと心に誓ったのでした。

ぽむが新しいおうちへ行ったら、つくばのほうにも、そして小田原にもまた参加させていただこうと思っています。2頭引きだと、注意散漫になって、少し危ないなと思いましたので…(クウカイも油断ならんヤツですので…汗)そのときには、ぜひカンスケ君あんずちゃんともお会いできたら嬉しいです(^^)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://gorugo13pomme.blog45.fc2.com/tb.php/46-bea565c9
<< ワンコにやさしいフリースラインドハーネス | TOP | ミニミニ「お父さん」!? >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。