真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコにやさしいフリースラインドハーネス

カイ君市ちゃんクウカイ
(カイ君とクウカイはおそろいのカモフラージュ柄のフリースラインドハーネスです♪ 市ちゃんのは女の子らしくシックなえんじ色だね♪)

小田原でチャーリーママさんのお散歩トレーニングに参加したのには、もうひとつ目的がありました。

フリースラインドハーネスをクウカイとぽむに買ってあげたかったのです。いままでずっと気になっていたのですが、こちらの記事を読んで、ピピッと来るものがあり、これは試してみたい、と思ったんです。

クウカイを育てるとき、最初につけたのはハーネスでした。ですが、獣医さんに、首輪のほうがいい、とアドバイスされて変えてしまいました。理由は、やはり首に圧力をかけることが、犬の制御をラクにする、というものでした。「犬の首は丈夫だからね」という言葉もあったと思います。

クウカイは特別ぐいぐい引っ張るわけではないですし、マテをかければ簡単に止まってくれます。ですが、建物の塀や花壇などにマーキングさせたくないときとか、やはりぐいっと引っ張って止めることがあります。

犬の首が、言われているように頑丈かどうか、最近疑問に思い始めたのと、世界的な流れとしてチョークチェーンの使用をやめよう、という動きが大きくなっていることなどなど、「犬に優しい」を再考する時期がきている、と感じはじめていたんです。

で、このカラーがチャーリーママさんのところで取りあげられて、あっという間に広がっているのを見て、う~~む、これは!というわけです。

チャーリーママさん&パパさんのお店に直接伺って、クウカイとぽむのジャストサイズを試着して決めることにしました。特にこのハーネスは、試着できるならしたほうがよいように思います。肩の具合、胸回りのベルトが来る位置が、やはり微妙にその子のジャストサイズが異なる気がします。

ちなみに、クウカイ(体重12キロ弱、胸回り60センチ強)で、3号で行けるかと思ったら、グッと胸が深いので、4号のほうがいいことがわかりました。
ぽむ(体重3.6キロの大きめポメ)も、1号で大丈夫だろう、と思ったら、やはり胸回りがけっこうあったので、2号になりました。

お店でつけさせてもらって、そのままお散歩トレーニングに行ったわけですが…。
あっ、これは良い! とすごく感じました。

頭を通したら脚を上げさせる必要がないので、装着がとっても楽。
ハーネス自体がとても軽く、フィットするのに締め付け感がなく、つけた瞬間から犬が楽そうにしている。
首回りというデリケートなところに金具がないので、うっとうしそうな感じがしない。

背中の真ん中で胸回りのベルトの真上に、Dカンがついているので、重さを感じさせない、ずれてこない。犬を左右どちらにつけてもDカンとナスカンはそのままなのでイライラしない。
リードを真後ろに引っ張るよう設計されているので、犬の胸という面積の広い部分で体重を受け止めるので、人間の力は最小限で済み、もちろん犬の首には負担がかからない。

チャーリーママさんのおっしゃるホールドラッピング効果のほうですが、これも確かにあるように思います。実は、クウカイは「お店の中」という空間が嫌いです。というより、怖がってしまうのです。なんでも大丈夫そうなクウカイですが、これだけは不思議とダメで、グッズショップなどに連れて行くと尻尾は下がるしブルブルガタガタ…。

実は、チャーリーママさんのお店に入った瞬間に、「ボク、帰りますっ!」とドアからすざろうとするし、お店の中に押し込むように入れたのです(笑) 試着している間も、棚の何か金属のものに触れてびっくりして飛び上がるし、可哀想なぐらい震えてて、チャーリーママさんに苦笑されるし。

ところが、ハーネスに変えてからしばらくすると、全く落ち着いてしまったんです。雰囲気に慣れた、というのや、チャーリーパパさんにおやつをいただいたというのもあったのかと思いますが、これはホールドラッピング効果もあった、と私は見ています。なぜなら、普段いきつけのグッズショップでは、何分いようが何回行こうが、まったく尻尾が上がることがなかったからです。

ホールドラッピングというのはチャーリーママさんの造語なんですが、犬の体をバンド状のものでホールドして落ち着かせるというのは、ホリスティックな考え方として、以前からあるようです。その効果をうたったハーネスも他にもありますよね。

ぽむは青いのだよ♪
ぽむのほうは、バイクで驚いたりして「うるるるるわんわんわんわんっ!」になったときに、押さえるのが格段にラクだと感じました。小型犬の子って、とっさにリードを引いたとき、体ごと飛ばしてしまうことってありませんか? 特に、中型犬に慣れている私は、最初彼を飛ばしてしまわないように、ずいぶん気を遣いました。首輪で、体が飛ぶほど引いてしまったら、かぼそい首にはかなりの負担では…。この幅の広いフリースがついたハーネスなら、動きを止めるだけでいいと感じます。万が一、力があまってしまっても、ダメージはうんと少なそうです。

あとね、ぽむはこれに変えたとたん、アイコンタクトが頻繁になりました。
チャーリーママさんは、「我に返るのが早くなった」と感じていらっしゃるそうですが、そうかもしれません。ぽむは小さいこともあって、上を見上げるしぐさが少ない(アイコンタクトもあまりない)のですが、このハーネスで、ちょんちょんと引いてやると、ひょこっと上を見上げます。胸のあたりをぽんぽん、とされている感じに近いのかもな~、と想像します。

このハーネスの付け心地って、犬の身になって想像するしかありませんが
もしかしたら、これが一番近いのかも、という感覚。女性の方なら、うなずいてくださるかも?

上等の素材の、ピッタリサイズのあったブラをつけた感じ♪

わかりますよね、絶妙のホールド感と、安心感、肩が凝らない軽さと楽さ(((爆))))

そう思えば、このハーネスのマイナス点は、許せるかな。
消耗品としては、少しお高め(4号で4000円、2号は3500円でした)
柔らかな素材なので、早く痛むかもしれないな~という感じ

あと、悩み所は
真夏は暑そう
これはフリースという素材では仕方ないかな~^^;;;

それから、私の友人がちょっと心配していた、毛がすれないか、ということに関しては…う~ん、まだわかりません。モノがすごく軽いのと、締め付けがないので、気にならないように思うんですけれどね~。脇の下に胸回りベルトがかかるようなら小さいし、すれちゃうかもしれませんのでサイズは重要ですネ。

ぽむが新しいお家にいくとき、このハーネスは、プレゼントとしておつけしますので~~♪

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://gorugo13pomme.blog45.fc2.com/tb.php/47-13177885
<< キュートで白桃のようなオシリ~~♪ | TOP | 小田原で「いい子の太鼓判」もらって帰ってきたよ~! >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。