真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のナナちゃんに会いました♪

9月20日~26日は、動物愛護週間です

亮子は、今日は、柏市の「なかよし動物フェスティバルinかしわ2009」のお手伝いででかけてきまーす。
ららぽーと柏の葉」の2Fクリスタルコートで、日本愛玩動物協会のブースで、子どもさんたちにクイズを出したり、展示のお手伝いをしていたりしますので、もし、どなたかいらしたら、「ナカムラさんってどの人ですか?」って聞いてね♪

今日はイベントステージでは、盲導犬やセラピードッグのエキシビションがあります。本物のワーキングドッグたちを間近で見て、いろいろな話が聞けますので、どうぞいらしてくださいね!

さて、今朝は仮パパ、仮ママそろってのお散歩。
途中で、卒業生のナナちゃん(柴犬の女の子、推定3歳)に会いました。


ナナちゃんは3月にやはり近隣で子どもたちに保護された子。
とても性格のいい子ですが、なんと保護された翌々日にヒートがきちゃって、男の子のワンコしか飼ったことのない仮母亮子は大慌てしました(笑…いまだから笑えますね♪)

なんと幸せなことに、仮母の家から100メートルのお宅にもらわれていったナナちゃん。
ところが、譲渡後にフィラリア陽性が判明。あまりに元気な子だったので、血液検査を怠ったせいで、新しいパパとママにはおおきなご心配をおかけしてしまいました。

ですが、幸い通常のフィラリア予防薬投与で、治療が可能とわかり、ほっとしています。
でも、健康な子とちがって、お薬を投与したら、急変がないかどうかを見守っていないといけないので、やはり大変は大変ですね。

フィラリアがいなくなるには、1~2年かかることになりますが、早くよくなるといいね!

ぽむとは、微妙に1週間程度、ウチにいた時期が重なっています。
クウカイとナナちゃんは大のなかよしで(女の子だからね…笑)一緒に寝起きさせてました。
3頭は、ちょっとした「きょうだい」みたいなもんです

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://gorugo13pomme.blog45.fc2.com/tb.php/56-14eb2388
<< そっくりさんにも、幸せでいてほしい | TOP | ぽむ君の朝~~~~っ! >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。