真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そっくりさんにも、幸せでいてほしい

おはよう~♪ぽむちん

この写真を見て、何かに似てる、って思いません?

アザラシスタイル??

こんな格好で寝てることよくあるし。

あざらし?

さらにこんなところも。

…似てる…。

で、そのソックリさんの動画か画像をってさがしてたら…

やっぱり、避けては通れない話に行き着いちゃいました。

残酷な場面は写っていません。見てくださいね。



私は、毛皮製品を持っていません。

正確に言うと、以前に持っていたものは、すべて手放しました。

そして、二度と、買うつもりも、身につけるつもりもありません。

お肉は、食べます。皮革製品(お肉をたべる動物のもの)は、使います。

命をいただいて、生きることを感謝して。大事に、大事にいただき、使います。

でも、身を飾るために、毛皮はいりません。

温暖で、とても豊かな日本で、暮らしているのですから。

コメント

おはようございま~す♪
お手伝い、お疲れ様でした。
今日のお話を読む前から、「ごまちゃんに似てる…」と薄々気づいていました(^_-)☆
…動画も見ましたよ。恐ろしいことです。
前に、残酷シーンもガッツリ出ちゃってる動画も見たことがあります。
私は毛皮製品を買ったことはないし(フェイクファーはあるけど)、これからも買うつもりはないです。
イヌイットの方々や原住民の方々は別ですが、本当になんて無意味なものだと思います。
私は前はウサギを飼っていたのですが、結構誰でも買える値段で、マフラーなど売ってますよね。
悲しくて悲しくて…。
セレブの方が自慢げに見せびらかしてたりするのを見ると、あなたが同じことされたらどうなんだ、と聞きたくなりますね。
昨日フジテレビのニュースで、ペット業界の裏側をやってたの見ましたか?
怒り噴騰ですよ!
今日もやるみたいだけど、政府の人とか、「見ろ!」ってかんじ…。
なんとなく海の生き物に似てますよね?
こはるもお風呂に入ると余計に目が大きくなるので
アザラシ系ですよ。

今朝のTVのお洒落チェックみたいなコーナーで
「今年は毛皮が流行ります。」なんて言ってました。
そんな事いちいちTVで宣伝しないでよ!って思って観てました。
昨日も友人と買い物に行ったら毛皮製品が飾ってあって
「こんな形にされちゃって...。(T-T)」と話していた所です。
ファッション業界にも動物愛護が浸透すればいいのにな...。
ぽむ君の愛らしさが似てます。。
今は赤ちゃんアザラシの捕獲は禁止されているようです・
毛皮はいらない同盟に入っていますが・・バナーが貼れないまま今に至ります。(メカ音痴です)
署名活動も活発ですし。遠い日本からでも沢山の方が動かれていますよ。
動物を飼ってる人は毛皮はいらない!って自然に思えるんですね。
私は元々一枚も持っていません。なぜか?
むか~~しむか~~し若かりし頃・・試着させてもらってあまりの似合わなさに笑っちゃいました。
お店の人が「似合わない」とつぶやいたのも聞き逃しませんでした

今は100均の製品にも本物が使われています。(最近知りました)
着飾る為に命をまとう・・気付いてほしいですね。

ぽむ君愛らしいという言葉が似合います。

お返事遅くなりました!
21日のイベントは、とても楽しかったんですよ。子どもたちがたくさん来てくれて。
でもステージは見損ないました(T.T)

ぽむ、ごまちゃんっぽいでしょ?(笑)ほんと、マンガのゴマちゃんみたいなの。
さすがチャーリー組の方たちは、意識が高いですね。
私はこの冬、電車の中でとなりに、毛皮のコートのご婦人に座られて、とても気分が悪い思いをしてしまいました。とても高価そうな毛皮…昔は美しいと思って見ていたけれど…。
生命があるからこそ美しいものですね。
生命を奪って身につけるものではないと思います。

> なんとなく海の生き物に似てますよね?

そうですね。ひろ~い分類では、食肉目(ネコ目)で、イヌとアザラシ(と、猫も)同じグループですものね。ほんと、アザラシってワンコっぽいですよね。

犬や猫の毛皮も、流通しています。安い毛皮であればあるほど、その可能性が高くなりますね。
メーカーや販売店も、毛皮の製造過程までは知らないこともあるようです。
子供服にまで使われていたりして。私、それがいやです。
愛護関係で厳格な方は、毛皮を扱わないメーカーの衣類、動物実験を行わないメーカーの化粧品を選ばれますね。
そこまでではなくても、毛皮を安易に着るのはどんなもんだろう、と思いますね。
ぽむって、なんか犬というより、「ヘンな生き物」って我が家では呼ばれています(笑)

毛皮が似合わないって、すばらしいことかもよ。
毛皮が似合うって、なんだか残酷な人みたいに見えちゃうかも…。

> 今は100均の製品にも本物が使われています。(最近知りました)

そうなんですよ…髪飾りとかね。
どんだけ安く命が奪われていることか、ということですね。

私も、持っていた毛皮製品は、安いもの…たとえば、コートの飾り襟とか、マフラーのワンポイントといったものばかりです。毛皮のコートは買おうとしたことないなぁ。
でも、ムートンは羊なので、使う必要があればムートンを使おうと思っています。

考えたら、ただひとつ、毛皮製品で残してあるものがありました。
「カンガルーの毛皮でできた、コアラのぬいぐるみ」というものです(聞くとびっくりでしょ?)
40年も前の、オーストラリアのおみやげです。今は製造していないと聞きました。
私の実の父の形見のようなものなので、それだけは捨てられずにあります。
でもいつか、人形供養に出そうかなと思います。
私の持っている安いダウンコートの襟に
毛皮がついてました!(><)
だいたいダウンだって鳥の羽をむしり取ってるんですよね?
「かわいそう」なんて言いながら
自分の意識の低さに情けない気持ちになりましたよ。

ダウンコートは汚れの目立つ色のを買ってしまったため
今年は目立たない色のを買おう・・・なんていう事まで
思っていましたが
今回の記事のおかげで買わないことに決めました。
気づかせてもらえて良かった。
亮子さん、ありがとうございました。
私もダウン持ってました(大汗)
えらそうなこと言って、すみません(T_T)
布団だって、羽毛でした…。
あとは~、あとは~…あとはないかな(汗)
おふたりとも~~~!! 考え過ぎないでくださいね~~!!(^^;;;
私も羽布団は持ってますよ~。

でも、羽をとる鳥は、「中身を食べる動物」ととらえています。もし、生産過程で中身は食べず、廃棄してることが今後わかったりしたら、そのときは考え直すかもしれませんけれどもね。

ワンコやニャンコといった肉食動物をペットにしていますから、お肉も魚も食べさせないわけにはいきません。ウチでは生食ですから、お肉の種類は、たぶん普通のご家庭の冷凍庫より多いと思います。以前は、ウサギ肉も実は使っていました。食用とはいえ、愛玩している方の多い動物ですから、私はあるときから使うのをやめています。

ですがそれを言い出したら、馬肉(これはアメリカでは顔をしかめる方が多いでしょうね。国内でも乗馬をなさっている方はかなり抵抗があるはずです)は使っていますし、おやつとしていただいたもの(自分ではあまり買いませんが)には、鹿やカンガルーなんかも入ってきます。

愛護関係でつながりのある方の中には、ヴィーガン(動物に由来する食品や繊維ほか、すべて使わない)という方もいらっしゃいます。

宗教、民族、風習、歴史によっても、利用する動物が違うのはみなさまよくご存じのことですね。
互いに尊重せねばならない(目をつぶる、という感じかな?)部分もあると思っています。

もちろん、お二人とも、羽毛を使うことがやはり、これはイヤだな、って思われるのでしたら、それはそれでいいと思います。ですが、考えすぎてしまうと、生活が辛くなりますので^^;;;;

生き物を利用しないで生きることは、人間はできませんよね。雑食の動物ですし、自前の毛皮ももってない裸ん坊の弱い動物(であったはず)ですから。

今あるものを全部手放すという選択もあると思います。
ですが、今あるものは、いただいた命に感謝して、最後まで使い切って、次のものにかえる(そのときには違う素材のものを考える)というのも、ひとつの選択肢ではないかな~と思っています。


丁寧なコメレス、ありがとうございますo(^-^)o
そうなんですよね…。
言い出したら、キリがないというか…。私はたぶん、ダウンは使い続けると思います。
毛皮は一生買うことはないと思いますが(別サイトの動画はかなりショックでした)。
人間は動植物の犠牲なくして、生きられないのですね。
必要のあるものは感謝しながら食べ、大事に使いたいです。
いろいろと言い出したら生きていくのが大変ですものね。
今持っているものは大切にして、使わなくなったときは
「ありがとう」っていう気持ちで手放したいと思います。
買うときもちょっと考えてみる...。
これだけでも今までと違いますよね。

丁寧なコメレス、ありがとうございました。
(今度は私が part2 ^^)
レスのレス、ありがとうございます~m(_)m
私自身、いろいろなことを知ったのは、この3年といった感じです。見えなかったもの、見なかったものを見るようになった、というような感じですね。驚くことばかり、茶々丸ママさんもご覧になったような映像も、私も見ていますが…

「どこで線を引くか」はやはり難しい問題だなぁと思います。もし、ご存じだったら申し訳ないのですが^^:

『いのちの食べ方』森達也著 理論社
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%AE%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%8B%E3%81%9F-%E3%82%88%E3%82%8A%E3%81%BF%E3%81%A1%E3%83%91%E3%83%B3-%E3%82%BB-%E6%A3%AE-%E9%81%94%E4%B9%9F/dp/465207803X
この本をお薦めします。
子ども向けの本ですが、大人でも十分学べるよい本です~。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://gorugo13pomme.blog45.fc2.com/tb.php/57-93e59fda
<< ねりま猫の永遠ちゃんが、急逝しました。明日荼毘に付します。 | TOP | 卒業生のナナちゃんに会いました♪ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。