真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽむ、ふれあい犬デビュー!「なかよし動物フェスティバル2009」

参加ワンコ&メンバー
さて、亮子とぽむとクウカイはどこにいるでしょう?

今日は、千葉県富里市にある、千葉県動物愛護センター「なかよし動物フェスティバル2009」が開催されました。私は、日本愛玩動物協会の千葉県支部の一員として、イベントに参加してきました。

たくさんの子ども連れのご家族、犬連れのご家族があつまり、動物愛護について楽しく知るイベントに参加してくださいました!

なんと、今日はぽむも、「ふれあい犬」として、このイベントに一緒に出たのですよ~。
もちろん、クウカイも一緒です。
愛玩動物飼養管理士になってまだ1年目、いろんなイベントに参加して、学んでいます。
その一環として、クウカイとも一緒に活動したいと考えていました。
で、今日はぽむもいますので、一緒に行きました。

これは、マイクロチップ読み取り競争をしているところです。
マイクロチップ読み取り競争
クウカイにはマイクロチップが入っています。読み取る機械をクウカイの首の後ろにあて、15桁の数字を読み取ります。読み取れたら、それを紙に書く、というゲーム(?)です。
子どもたちに、マイクロチップって何かを教えるゲームなんです。

これは、犬の心音を聴診器で聞いてもらっているところ。
心音を聞く1
心臓の音がする、生きている、私たちと同じ鼓動をもっているということを、子どもたちに感じてもらいます。実は、聴診器がおもちゃみたいなので、あまりよい音では聞こえません。でも、いっしょうけんめい子どもたちは聞いてくれます。

ぽむの心音を聞いてくれているのは、大人の方です。
心音を聞く2
お父さんお母さんも、子どもたちと一緒に犬に触れて、いろいろ考えて下さいました。
「聞こえた!」ってけっこう感動してもらえるんですよ。

ぽむはこのあと、「ふれあい犬」として、大勢のこどもたちに触ってもらいました。
ふれあいぽむ1
子どもたちに、「犬と友達になる方法」とを教えます。
●飼い主さんに、触らせてもらっていいか、聞く
●飼い主さんがOKしたら、犬を刺激しないように静かにして、手をグーにしてそっと犬に臭いをかいでもらう
●犬がクンクンできたら、頭ではなく、ボディに触る

騒がない、目をじっとみない、など、無用な咬傷事件がおきないよう、犬とのつきあい方を学んでもらうのが目的です。

ぽむ、お利口さんにしているでしょう?
ふれあいぽむ2
びっくりでした。もっとナーバスになるかと思っていたので、最初は出場させませんでした。
最初はクウカイをふれあい犬でも出していたのですが、クウカイの方が先にカーミングシグナルが出て「お母ちゃん、ぼく、子どもにさわられるのいや~」になったので、急遽ぽむを出すことにしました。

ぽむは、終始平気な顔で、次々とちっちゃなおててをかいで、ナデナデしてもらっていました。
優秀な「ふれあい犬」です。度胸があってものおじしない。クウカイより素質あるかもです!
真っ白でふわふわでちっちゃなぽむは、子どもたちにとっても人気がありました!

会場では、千葉県の動物保護管理協会のしつけ教室
しつけ教室

千葉大馬術部の人たち&馬が来て、乗馬の体験もやっていました。
乗馬コーナー

このほか、犬のアジリティのデモンストレーションや、聴導犬のエキシビションもありました。
ブースでは、子どもたちに動物クイズを出したり、災害時の準備についての資料を配ったりしました。

けっこう暑かったのですが、犬たちも元気いっぱい、子どもたちも元気いっぱいで、なかなか充実した1日になりました。とくに、ぽむのタフぶりにはびっくり。子どもに触られようが、普段寝ている時間にずっと起きてようが平気のへいざで、お昼ご飯まで要求してくれました(爆)

この子たちは、愛護センターに収容されて、譲渡になる子犬たちです。
早く、よいおうちに迎えてもらいなね!
譲渡を待つワンコ

そして…愛動協千葉支部一同で慰霊碑に献花…。
慰霊碑
何千、何万の動物たちが、ここで眠っています。
人間の身勝手で、命を奪われた動物たちです。
そのような悲しい運命の動物を、もうつくりたくない。
そう願いつつ、そして1頭でもそれを減らすために、できることを捜すよ、と約束しました。

ぽむも、まかり間違っていたら、ここにいたのかもしれません。
でも、彼は、幸いにも生きる道が与えられました。
咬み咬み犬、おびえた保護犬が、ふれあい犬になれたんです。
ぽむを捨てた人に、この姿をみせてあげたいね。

ううん、ぽむを迎えようと思って下さっている人に、ぜひこの姿を、見てやって欲しいです。
ぽむ、ふれあい犬になりました!
一緒に、この子を誇ってやってください! ぜひ。

はじめて参加の私たちにいろいろご配慮くださいました愛動協千葉支部のみなさま、今日は本当にありがとうございました! 










コメント

クウカイ君、ぽむ君、亮子さん、皆さん、お疲れ様でした。
ぽむ君すごいですね。
ほんとうにココまで、心も体も回復して、良かった♪
亮子さん、ご一家の努力の賜物ですね。
私もなんだか、嬉しいです!

噛みたくて噛む仔なんていないんですよね。
はなはスイッチ入ると私に当たったりしますけど、
通りすがりの人に撫でれても、歯を当てたことはないんです。
人間側がもっと犬に対する理解を深めることは大事ですね。
心の優しい人のことを、犬はちゃんとわかってると思います。

皆さん、ゆっくり休んで下さいね♪
ぽむくん、りっぱなふれあい犬ですね
笑顔が幸せ一杯て感じでこちらが癒されます
やはり人間にもワンにも環境は大切ですね
優しくて理解ある飼い主さんが現れると良いですね
聴診器をあてられているクウカイ君が
ため息をついているように見えてしまうのは私だけ?(笑)

ぽむ君と亮子さんはとっても良い笑顔です!(*^^*)
なんだかジーーンとしちゃいました。
愛情ってすごい。
そして、こういう体験をした子供たちはきっと動物を大切にしますよね!
この記事を読んで、とても温かい気持ちになれました。
本当にお疲れさまでした。

追記:
「いのちの食べ方」の本は知りませんでした。
今度、探してみますネ。
ありがとうございました♪

ぽむくん、いいお顔で堂々としていますね!
亮子さんご家族が、ぽむくんの心に「人間は怖くない」「人間は優し
い」っていう安心感を育てて来られたことが大きく実を結んだのだな
ぁと思います。
人間と犬とはやっぱり特別な絆で結ばれているんだ、だから人間は
犬を裏切っちゃいけない…亮子さんご家族を見ているだけで、その
ことが分かります。
子どもたちがたくさんの子とを学んでくれたでしょうね。

お疲れ様でした。
ぽむくんの天真爛漫さとクウカイくんの気遣いっぷりがよくわかる記
事でした。個性的でそれぞれが素敵なワンコですね(*^_^*)
こんにちは~♪
近くだったら、ぜひ行きたかったです~。
ほんと、ぽむくんが噛み噛みだったなんて…もう嘘のよう(*^_^*)それだけ、亮子さんとパパさんの努力と愛情があり、ぽみくんもそれをたくさん受け止めてくれたんでしょうね。
私も、パピーレッスンで、茶々丸の心音を聴かせてもらったことがあります。
噛みつきやらなんやらで悩んでいて、かなりメゲていたあの頃。
なんともいえない気持ちになり、自然と涙が溢れましたね。
子供たちにも大人の方たちにも、とてもいい経験になったのではないでしょうか。
動画病院でも、患者さんみんなに聴かせてあげたらいいのになぁ。
そしたら、捨てようなんて考えちゃう人、いなくなる(減る)んじゃないかなぁと思います。
と、思っちゃうくらい、とても素晴らしい経験でした。
今は聴診器は持ってないので、茶々丸の胸元を抱いて、確かに刻む鼓動を手に感じたりしています。
こんにちは~。
ポム君、大物ですね~~。
ポム君にもいい機会でしたね(^^

この日会場で迷子ホルダーの配布もあったんですよね?
そちらの方はどうだったでしょう。。。
千葉県、首輪の付いた迷子さんが多いのでぜひ広まって欲しいです。
亮子です。コメントをくださったみなさま、本当にありがとうございます。
おひとりおひとりに、コメ返しをしたいのですが…
ちょっと突発的に、私的な急用ができまして、数日間レスをすることができなさそうです。

数日中にはあらためてお返事させていただきます。
ぽむへのエール、本当に嬉しかったです。
では、しばらくお待ち下さいね。
お返事遅くなってごめんなさい。
笑顔がいっぱいのふれあい犬ぽむでした~。
その笑顔を愛してくださるご家族に巡り会えそうです。
あたたかな環境、やっぱり生きていく上で、なによりですよね!

お返事遅くなってごめんなさい!

> 聴診器をあてられているクウカイ君が
> ため息をついているように見えてしまうのは私だけ?(笑)

よくおわかりでしたね!(爆)
そのとおりです。ため息をついています。というより、カーミングシグナル出まくりでした。
クウカイは、わりと顔に全部出るヤツなので、わかりやすい子ですね~。
でも、イッパイイッパイになりながらも「お母ちゃんが褒めるから、がんばる~…」という
ところもあるんですよ(笑)

> そして、こういう体験をした子供たちはきっと動物を大切にしますよね!

心に残ってくれるといいなぁと思います。

> 「いのちの食べ方」の本は知りませんでした。
> 今度、探してみますネ。

アマゾンで買うと楽ですよ~(回し者っぽいか…笑)
お返事遅くなってごめんなさい!

> ぽむくん、いいお顔で堂々としていますね!

ありがとうございます!

> 亮子さんご家族が、ぽむくんの心に「人間は怖くない」「人間は優し
> い」っていう安心感を育てて来られたことが大きく実を結んだのだな
> ぁと思います。

ぽむに教えてもらったことの最大のことです。
チャーリーママさんに解説をいただいて…
「安心させてあげる」これがどれほど大事か。
人は、(特に犬に対して)これを忘れすぎだということを、教えてもらいました。


> ぽむくんの天真爛漫さとクウカイくんの気遣いっぷりがよくわかる記
> 事でした。個性的でそれぞれが素敵なワンコですね(*^_^*)

ほんと、性格真逆ですよ~(爆)
お返事遅くなってごめんなさい!

> 近くだったら、ぜひ行きたかったです~。

ぜひ、お近くでのイベントに行ってみて下さいね。けっこう多くの自治体でいろんなことをやっています。千葉の愛護センターのイベントはかなり充実してました。

> 私も、パピーレッスンで、茶々丸の心音を聴かせてもらったことがあります。
> 噛みつきやらなんやらで悩んでいて、かなりメゲていたあの頃。
> なんともいえない気持ちになり、自然と涙が溢れましたね。
> 子供たちにも大人の方たちにも、とてもいい経験になったのではないでしょうか。

心音というものは、とっても不思議ですよね。
幼い動物をひきとったときに、時計をぬいぐるみに入れて、母親の心音の代わりに聞かせるとか、心音を出すぬいぐるみとかっておいてやりますよね。
やはり、命の音~という感じなんでしょうね。

> 動画病院でも、患者さんみんなに聴かせてあげたらいいのになぁ。
> そしたら、捨てようなんて考えちゃう人、いなくなる(減る)んじゃないかなぁと思います。

それ、すっごくいいかも!!! ねぇ、せっかく聴診器があるんだから!

> 今は聴診器は持ってないので、茶々丸の胸元を抱いて、確かに刻む鼓動を手に感じたりしています。

ちゃー君はちっちゃいからね(^^)
クウカイだと、胸に直接耳をつけることもできます。
お返事遅くなってごめんなさい!

> ポム君、大物ですね~~。
> ポム君にもいい機会でしたね(^^

ありがとうございます!
ぽむにとっても、私にとっても、ぽむの新しい家族候補さんにとっても、
すごくいい機会だったと思っています(^^)

>
> この日会場で迷子ホルダーの配布もあったんですよね?
> そちらの方はどうだったでしょう。。。
> 千葉県、首輪の付いた迷子さんが多いのでぜひ広まって欲しいです。

ありました! ALIVEさんの、透明なホルダーです。
仮パパがアンケートに記入して、2枚もらってきています。
まだ装着してません(ウチ、ぶらさげちゃってるので…)
使い勝手を早く試してみたいですね。
ああいう単純なものでいいんですよ! って思っちゃった。
もちろん、もっといいのもあるけれど、あれを、狂犬病予防注射の集団接種で配ればいいじゃん!
って思いませんでした? 私、今度そちら関係の獣医さんと保健所の人に見せてきますね。
うぎゃ~~!! コメ返しが飛んでいることに今頃気づきました。
本当にごめんなさいm(__)m平謝り~~~~

>はなはスイッチ入ると私に当たったりしますけど、
>通りすがりの人に撫でれても、歯を当てたことはないんです。
>人間側がもっと犬に対する理解を深めることは大事ですね。

ぽむも、全く知らない人に歯をむいたことってなくて、そばに居る人間、世話をする人に対して、
という感じがあります。歯をむくことで「理解して」と言っているのかもしれませんよね。
犬の言葉に、もっと耳を傾けたいって思います。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://gorugo13pomme.blog45.fc2.com/tb.php/60-1197c3be
<< 三毛ちゃんお見合いです♪ | TOP | おちゅわりできまちゅ~ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。