真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から、ハマのぽむさん♪

ぽむお届けの旅から無事帰ってきました。
ごめんなさい、ゆうべはほっとして帰ってきて、飲んだ1杯のビールでノックアウト状態でした^^;



と、いさんで出かけてみたら…
あいにくの雨。
だれだ、いいお天気だっていったの!?(私だ!)

仮ママは、昔からとんでもない雨女なんです。自分の結婚式にも雨を降らしました。
晴れるはずだったのに、雨を降らしてしまったのは、仮ママなのかも。

雨の湾岸を走り抜けて、一路、横浜へ。
途中、大黒PAでひとやすみ、クンクン&ちっこうんちタイムを取って、
ついでに「ハマのぽむさんデビュー」っぽい写真を取ろうと画策してたんだけど…。

大黒PAにて

雨で景色がかすんで「どこだかわからねぇ~~♪」な写真に(残念)。

ママとおねえちゃん二人と

ぽむの新しいおうちは、横浜の海にも山にも近い場所。我が家より、少しばかり賑やかです。
車を止めてぽむを降ろそうとしたら、ママと、おねえちゃんふたりと、そして同じ商店街のお店の奥さんが、満面の笑顔で出迎えてくださいました。パパさんはお仕事でぽむ到着には間に合いませんでした。

すでに、ご近所の方にまで評判のぽむ。ご近所ぐるみで(のあちゃんをかわいがってくださっていた方たち)ぽむを待ち望んでくださっていたようです。

ぽむ、おうち探検

よそのおうちへ入れてもらうのは初めてのぽむ。
喜んでそこらじゅう探検します。ちいさいお姉ちゃんが二人、そのあとを追って歩いていました。

「ぽむ、わかってるのかなぁ?」
「わかってないようだよね、知らないおうちへきて、はしゃいでるんだよ」

……無邪気な様子ですが、何か、感じているようでもあり…。

小さいお姉ちゃんふたりに、こう話しました。

「もしも、あなたが、パパママと一緒におでかけして、顔だけしっているおじちゃんおばちゃんのお家へつれていかれて急に『今日からあなたはここの子になるの。パパとママはもう帰るから、もう会えないからね』って言われたら、どうする?」

上のお姉ちゃんはよくわかったようでした。下のお姉ちゃんは、ちょっとふざけて「じゃあおねえちゃんに電話かけてすぐ来てもらう」なんてお答えしていたんだけれど、それだけに、「そんなことになったら大変!」とわかったんだな、と思いました。

そう、それこそが、私と仮パパとクウカイがいなくなったあとの、ぽむの気持ちです。

Uさんのママさん…今日から、ぽむママです。彼女が、娘さんたちにこう言葉を足しました。
「ぽむ君は、犬だから電話もかけられないよ。もうママに会えないんだよ。不安だよね。ひとりで、考える時間が欲しいと思うかもしれないね。だから、やさしくしなきゃいけないんだよ。嫌がることをしちゃだめなんだよ」

ぽむママさんも、不安に思っていらっしゃるのがよくわかりました。無理もありません。
お気持ちはよくわかりました。

ぽむが、私たちにおいて行かれてどんな反応を示すのか、まったく未知数なのです。
たぶん、ウチへ来た日のようなことはないと思いますが…。それでも不機嫌になったり、不安になったりするだろう…そうなったらどうしよう、たしかにそう思いますよね。

ベッドの上でくつろぐぽむ

うちから、ベッドを持って行きました。ぽむが毎晩ここで寝ていたベッド。うちのにおいがするでしょうから、多少は安心かもしれません。出すと早速のっかってくつろぎ始めました。

実は、ぽむはお家の中でちゃんとシートを使ってオシッコできる子なのですが、ときどき、シートに似たようなものの上でじゃ~っとやっちゃったり、マーキングしようとしたりすることがあります。
とくにうちへきた日はひどかった。不安だったのでしょうね。

Uさん宅でも、ぽむは探検中に子ども部屋でじゃ~!!
「ありゃ~~やっちゃったか!」
でも、上のお姉ちゃんが言いました。
「そこはね、のあがやってたところだから、においがしてたのかも。のあで慣れてるから大丈夫だよ」

やっちゃったオシッコを、シートにしみこませて、ぽむのサークルに入れておいてもらいました。

あとは…私が何十回と繰り返した、「譲渡誓約書」の記入、昨日つくったファイルの説明。
サインがすめば、ぽむはUさんちの子です。

ぽむってば、あいかわらず下のお姉ちゃんにヘコヘコをやったり。
これ、チャーリーママさんに「それは教育的ヘコヘコだね(爆)」と笑われました。
要するに、「ぼくがお兄ちゃんになるんだから、嫌なことしちゃダメなんだぞ、ぼくをかわいがらなきゃダメなんだぞ~!」みたいな…笑 やっぱり試すことはするんですよね。

こういうのを支配性の表れ、とかいってものすごく忌み嫌うんですが…
支配性ったって、だからどうこうじゃない。お姉ちゃんはお姉ちゃんだし、下克上しようと犬がしているわけでもない。
ただ、あまり人間的に「見よい行動」ではないですから^^;;;;;
大人なら、毅然と振り払えば済むこと。
そして犬の方も、順位確認のようなことをする必要がないとわかれば、やめるもの。

チャーリーママさんには「黙って他の部屋に行っちゃって」とアドバイスをされました。
が、子どもさんには難しいかも、ということで、ママさんに毅然とぽむを引きはがしてもらうことに
しました。ぽむ、「う~」なんて怒るんですが、私がやると怒らないので、そのうちママさんが引きはがせば黙ってやめるようになるでしょう。

それから、あらためて、ぽむを叱らないでやって欲しい、ということをお伝えしました。

ぽむの、唸る、咬もうとする、という行動は、すべてが不安と不信感から来ています。
決して、人を支配しようということではありません。

思えば「人を支配する」って、「人を支配下に置こうとすることで、自分の身の危険や不安感を取り除こうとする」ということなんでは??
ただ、怖いことされたくない、安心してご飯食べたい、安心しておもちゃで遊んでいたい。
ほんとに、ただただそれだけなのかも。特にぽむの場合は。

だから、ぽむを安心させてやれば、唸るも咬むも出ることはまずありません。
反対に、きつく叱りつけたり、叩こうとしたりすれば、ぽむはよけに不安になり、怖くなり、ますますうなり、咬もうとするわけです。それは私が保護数日で、ばっちり経験してしまいました。

ぽむに、「咬む」「唸ったり咬もうとして、人を脅かして遠ざける」という経験を積ませたくありません。
「そうすれば怖いことや不安が去る」と思わせたくないのです。
逆に、何もしなければ、人はみな自分に優しく、怖いことはなにもおこらないのだ、と経験させてやりたいのです。

そのことを、ぽむママにお話しし、そしてぽむパパにもお伝え下さるようお願いいたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お別れの画像はありません。
仮ママの役目を終えた私は、仮パパの役目を終えたダンナとクウカイを車に積み込んで、運転していかなきゃいけませんでした。ぽむは、ぽむママにおとなしく抱っこされて、私たちを見送ってくれました。
車の中で、私がしばらく泣いてしまったのは、ナイショです(ってどこがやねん!)

私は、ダンナとクウカイと一緒に、そのまま横浜ベイサイドマリーナへ行きました。
そこで、こちらでもときどきコメントをくださってる、ぐーぐーさんに会ってしばらくおしゃべりしました。
彼女は、ねりま猫のスタッフで、横浜市の動物愛護推進員もしています。
ぽむの旅立ちを、一緒にお祝いしてくれました。

すんご~~くおしゃれな場所で「ハマのクウカイ」の写真を取ろうと画策してたんですが…
雨だし日は暮れたし、写真なし!(爆)
ベイサイドマリーナの、ベイサイドデリというお店のハンバーガーは、めちゃめちゃ美味しかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、一路湾岸を走り抜けて帰ってきました。
夜9時頃、ぽむ家となったUさん宅へ電話を入れました。

ぽむパパさんが出て下さって、「ぽむは、いただいたベッドの上で寝てますよ♪」と。
よかった! 安心しました。
初めてのおうちで眠れるようなら、心配ありません。ママさんにかわりましょう、と言われたのですが、それだけ伺えば十分。またご連絡をいただけるのですから。

ぽむのいない家の中は、しんと静かです。
ちゃかちゃかちゃかちゃか、私の後ろをついてくる足音はしません。
クウカイってこんなに静かだっけ。猫たちって、こんなに静だっけ…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝8時半頃、ぽむママさんから元気な声の電話がありました。

「どうなるかと思ったんですが、ぽむ君、おふたりが帰られたあと、しばらくうろうろしてたんですが、全然泣きませんでした。遠吠えでもしたらどうしようって思いましたが、意外に落ち着いているみたいんなんです。ベッドの上で、寝転んでました」

「ご飯は、食べられました?」

「相変わらず、食欲は旺盛です! ただ、しばらくは慣れてもらうんで、少しご飯を減らしておやつを子どもたちにやってもらったりしてます」

「よかった! ご飯が食べられるのであれば、大丈夫です」

昨夜は、ぽむパパさんのそばで寝ていたり、あとはリビングでぽむベッドの上で寝ていたりしたそうです。
そして朝から、上のお姉ちゃんにも下のお姉ちゃんにも、おとなしく仰向け抱っこされたそうです。
あまり、下のお姉ちゃんにも唸ったりはしていないようです。

そして、ぽむは、ちゃんとサークルの中のオシッコシートまでいって、そこでオシッコをするようになったのだそうです。
「おりこうさんなんです!」

来週は、ハロウィーンです。
ぽむは、横浜元町にある、ぽむママさんのお友達のお店の、ハロウィーンに招かれているのだそうです。きっと、かわいらしい写真が送られてくると思います。

コメント

雨の中お届けお疲れさまでした。

ぽむ君もUさん宅になついたようで嬉しいです。

亮子@さんのアドバイスは的確だと思います。
ぽむ君のようなワンちゃんには「唸る、咬もうとする」というような時ぜったい叱ってはいけません。
そのような状況を作らないようにすれば自然と問題行動を起こさなくなります。

きっと、ぽむ君は幸せをつかみます。 本当にお疲れさまでした。
ありがとうございます。
しろすけ君と、姿も経緯も似ているぽむ。
こういう子を、叱らないで温かく包み込む、という接し方が、もっともっと一般的に
なってほしいと思います。
決して、おかしなことにはならない。安心している犬は、安心できる犬。
ね、そうですよね。

本当にお疲れさまでした。
今日の雨は嬉し涙、寂し涙...きっといろいろですね。
なんだかUさんのご家族、それぞれが発せられる言葉が
どれもこれも温かくて心にジーンとしみ込みますね。(泣)

これからしばらくは少し音の静かになった家で
ポッカリしちゃうと思いますけど
思い出話に花が咲かせて
Uさん宅でのぽむ君報告を待ちたいですね♪
ぽむ君、新しい家族のもとへ行かれたのですね。
ちょっと切ない気持ちと、嬉しい気持ち…

亮子さんもお疲れ様でした。
私は、直接なんのお手伝いも出来ませんでしたけど、
良いお勉強をさせてもらいました。
ありがとうございました。

これからのぽむ君の幸せをお祈りしています♪
雨のなかのお届け、お疲れ様でした。

ぽむ君のゴージャスな真っ白いコート、
抱っこしたときのフワフワ感、
思いっきりペロペロしてくれたこと、
思い出しながら読ませていただきました。

亮子さんの複雑なお気持ちお察しします。
やっぱり泣いちゃいますよね、ぽむ君良い仔ですもの。

今日あたりから急に寒くなってきましたね。
インフルエンザも流行っています。
お体十分にご自愛くださいね。
亮子さん、長い間お疲れさまでした。
Uさんのお宅は、本当にあたたかな雰囲気があって、ぽむちん、安心ですね。
しばらくは、静かになった感じに寂しさがこみ上げてくるでしょうけど、クウカイくんと猫ちゃん達がいるし!
更新される記事、楽しみに待ってますね♪
PS・5月15日に我が家にやってきた茶々丸、明日で7ヶ月になります♪
セブンスマンスクレイジ~♪
嬉しくて、切ない新たな旅立ちですね。
亮子さんのお気持ちを想像すると、じんわり目元が熱くなってきますが、ここは明るく「ぽむくん、おめでとう!!」と言いたいと思います。
ぽむくんに、実際は会ったことがないのに、まるでよく知っているお隣の仔のように嬉しくて切ない…。

亮子さん、ほんとうにおつかれさまでした!
そして、ぽむくんとの愛にあふれた関わりを、私たちにレポートしてくださったことに、あらためてお礼を伝えたいです。
ありがとうございました。
ぽむ君、こんなにかわいくなって・・・。
今のぽむ君の笑顔、すごくすてきです。
最初の画像のぽむ君とは犬相が全然違いますよねぇ。
ぽむ君、亮子さんに出会えてほんとうによかったね。
ほぼ掴んだも同然だけど、このまま正式に
幸せをつかめるといいですね♪
亮子さん、お疲れ様でした!!





最初のお姉ちゃん2人とママさんとの写真。
ぽむ君を歓迎してくれている様子が伝わってくる
とても良い写真ですね。ほっとしました。
ぽむ君はきっと幸せな第2の犬生を送れることでしょう。

亮子さん、本当に本当に長い間お疲れ様でした。
お別れの日は、亮子さんの涙雨だったのでしょう。

しばらくは寂しいと思いますが、亮子さんにはクウカイ君も
いますし、また忙しい日々が始まるでしょう。
これから寒くなり、体調を崩しやすくなることと思いますので、
お身体をご自愛下さいませ。
ぽむママさんのぽむ君リポートが楽しみです。
今度、チャーリーママさんブログにコメントを残してくださると
嬉しいですね~♪
人でも犬でも、手のかかる子ほど可愛いものです!
ぽむ君は歴史に残るやんちゃ坊主だったのでは?
それがあの満面の笑顔♪で新しいご家族の元へ行って
亮子さん嬉しさも半端じゃないでしょうね!
でもしばらくは胸の中がスースーすることでしょうね。
本当にお疲れ様でした。
ぽむ君のこれからの幸せ、お祈りしています。
こんばんわん!
本当に、Uさんのご家族の言葉はみんなあったかいんです。
パパもママも、上のお姉ちゃんも下のお姉ちゃんも。
それに、ぽむ大ママ(ママのママ)も、商店街の方たちも…。

ほんと、ぽむが「いかに騒がしい子」だったか、よくわかります(爆)
今日のように、雨で寒い日は、ほんとに灯が消えたよう。
我が家の子たちが、またいるんだかいないんだかわかんないぐらい静か
なんですけれどね~i-239
こんばんわん!
ぽむ、無事旅立って行きました。

ぽむがいたおかげで、チャーリー組のみなさんにお会いできたし、
そしてものすごくみなさんから学ぶことが多かったです。
愛犬との関係に悩まれ、でも愛して愛して…というみなさんとの出会いは
私こそ本当に勉強になりました。
はなちゃんとおかあちゃんからも、たくさん勇気をもらったのよ。

ぽむの、うちでの物語はもう終わるけれど、私がぽむにもらった大事なことは
まだまだこれから続けなければならないと思っています(^^)
こんばんわん!
本当に今日は寒いですねぇ。
風邪をひきたくなかったので、半纏とゆたんぽを引っ張り出してきました(早っ!)

ぽむのぷわぷわ、ペロペロは恋しいですね~(笑)
抱っこしてくださったマロははさんだからわかってくださいますね~。
でも、もうあまり私が泣くことは、ぽむママ、ぽむパパに失礼になってしまうので
涙は乾かすことにしました。
かわりにクウカイをぎゅぅぎゅぅ抱っこしては嫌がられてます(爆)
こんばんわん!
あまりに静かな我が家です。いまちょっとクウカイが鼻をならしてます。
ご飯の後で遊べって…^^; 胃捻転が怖いからダメっす!

> PS・5月15日に我が家にやってきた茶々丸、明日で7ヶ月になります♪
> セブンスマンスクレイジ~♪

おお! なんと、ぽむが来た次の日ではないですか! ぽむは5月14日にウチに来ました。
茶々丸ママさんにとっても、無我夢中の5ヶ月ちょっとだったでしょう?
セブンスマンスクレイジーかぁi-237
あっというまに、終わっちゃいます。楽しんで下さいね!
こんばんわん!
ありがとうございます。お隣の子のようって言ってもらって嬉しいです。
ぽむのために、「笑ってよ~き~みのぉためぇに~~♪ 笑ってよ~ぼ~くの~~ために~~♪」
ふっふっふ、もちろんおわかりですネ! まっさんLOVE!な中学生だった私です。

これからも、ぽむにもらった大切なものを、もっと大切に育てて行きたいと思っています。
こんばんわん!
ほんとうに、ぽむは、顔が変わりました。
ぽむがいってから、古い写真から順番に見直しましたが、どんどん顔が若くなっていくんです。
8~9才、下手したら10才? なんていわれてたのに、最終的には「ほんとは5~6才だろう」という
話しに。もうちょっと若く登録してやればよかったです。

たぶん、あっというまに2週間が過ぎるでしょう。
私も楽しみです。
こんばんわん!
お姉ちゃんずとぽむママの「トリオ」はとってもあったかです♪
写真のお顔を公開できないのが残念なぐらいです。
それにしても、私、アメフラシだわ~i-240
雨の湾岸は、飛ばせないしつまんなかったです(ってそっちか?)

何ヶ月かしてぽむがすっかりUさんちの子になったころ、小田原行きにお誘い
してみようかなぁ~、どちらにしても、横浜は私、通って行くのですから♪
こんばんわん!
ほんとうに、手のかかる子はカワイイ! 
歴史に残るやんちゃ坊主…(爆)
私はこれまで、にゃんこ歴は長いのですが、ワンコ歴はクウカイからなんです。
長期の預かりはぽむで2頭目ですが、その前は短期も含めてみんなおとなしくて
「いわゆるいい子」ばっかりでしたから…最初はほんと戸惑ったっけ…。

いろんな意味で、次の子に来て欲しくはないのですが…
よい経験のひとつになったと思っています。
スースー、まさにそんな感じ!
「ふかふかぷわぷわのつめもの」がなくなった感じです(笑)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://gorugo13pomme.blog45.fc2.com/tb.php/71-c41c25b5
<< 案ずるより産むが易し | TOP | 旅立ちの準備 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。