真っ白ゴージャスで素敵なポメラニアンぽむ君は、遺棄犬でした。彼が教えてくれた犬との暮らしの大切なこと&幸せをつかむまで、そして幸せなお家にいってからの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなとよこはま動物病院へ行ってきたよ

あいかわらず抱っこ好きよ~♪

ぽむママさんからメールをいただきました。
ぽむを、新しい家族として、かかりつけ動物病院に健康診断がてら、紹介しに連れて行ってくださったそうです。



11月29日(日)にみなとよこはま動物病院に、行って来ました。
相変わらず病院はたくさんの犬と猫と飼い主さんで、待ち合い室はいっぱいだったので、私達は外で待つ事にしました。


みなとよこはま動物病院といえば、クウカイの脚でかかっている動物病院の先生の、師匠筋にあたります。
特に整形外科系統では専門医ですから、知る人ぞ知る有名病院でもあります。
規模も大きく、先生もたくさんいらっしゃると聞いています。


ぽむはたくさんの犬と病院の匂いを感じてか、極度の緊張?からヨダレを垂らしていました。

1時間以上は待ったでしょうか?その間、下の娘はぽむを抱っこしながら、たくさんの犬と触れあっていました。
ぽむはイヤそうでしたが…。


下のお姉ちゃんは、先代犬ののあちゃんの通院も、ずっとついて行っていたそうです。学校などで行けないときは、先生にお手紙を書いていたというから、素敵ですね。
あ、でもね、病院では他の子とご挨拶は、しないほうがいいのよ。
病気で来ていて体調の悪い子もいるし、病院という犬にとっては怖い環境で、他の子とご挨拶するのがストレスになることもありますのでね。感染症の子もいますので、注意してくださいね。


余談ですが、千葉の八街市から来ているミニチュアピンシャーのわんこの飼い主さんと美味しい落花生のお話しもしました。

あら、ピーナッツつながり(笑)
…って、ずいぶん遠くからも来ているのですね

診察券…かな?

これ、診察券かしら? いい言葉が書いてありますね!!


やっと呼ばれ、診察台に乗せられるとぽむは緊張でブルブルと震えていました。

若い先生に問診をして頂いてから、のあを診て頂いた院長先生に診察して頂きました。
ぽむの経緯をお話しして、亮子さんからの医療情報を見て頂きました。

ぽむの年齢は歯の減り具合から、8歳が妥当だそうです。
(もちろん、年齢は私達にとっては、余り関係ありません)
歯石が付きやすいので、こまめに歯磨きをする様に言われました。


お電話でも伺ったのですが、ぽむ、どんどん若返っていて、Uさん宅へ行く頃には、よく
子犬と間違えられるほどでした。Uさんご一家も、「きっと本当は5~6歳だよ」とおっしゃって
たし、ウチのかかりつけ医も「8歳も行ってなさそうだけど」と話していました。
が、やっぱり8歳ぐらいかぁ。
いちごちゃんみたいに、永遠の4歳って子もいるし 


ぽむの後ろ足の事も伺いました。
足は後ろ足だけでなく、前足も弱く筋肉がほとんど付いていないそうです。
先生は「多分、散歩に行った事はなく、足の裏もとても柔らかいので、狭いゲージ等に閉じ込められていた不遇な環境にいた子だね。」と…。
だから「散歩をたくさんさせて筋肉を付けてあげて」と。「よく日に当てて」ともおっしゃっていました。


やっぱり、ゲージに閉じ込められていただろう、というのは、どの先生もおっしゃるんですよね。
ぽむが、ブリーダーが放棄した犬では、という意見を、チャーリーママさんとぐーぐーさんからいただいています。
毛吹きがよく、スタイルもお顔も悪くない、去勢されてない、人とのかかわりを持ってこなかったような節がある、狭いところに閉じ込められていたような感じがある…といったことから、悪質なブリーダーが、繁殖につかいまくったあげく、病気になったぽむをポイと住宅街へ置き去りにした…。

実は、恥ずかしい話しですが、私の住む地域では、ブリーダーによる犬の遺棄が、ときどきあるのです。
ひどいときには、段ボールに何頭ものダックスが閉じ込められたまま河原に放置されて…といった悲惨な話しもあります。ブリーダーなんて呼べません。パピーミルでしょうね

ぽむが、我が家へ来た当時、ものすごくノタノタしか歩けなかったのは、心臓のせいもあったとは思いますが、それ以上に、歩いていなかった、ということなのでしょう。
今は、お姉ちゃんずと公園で走り回っているそうですから、そのうち、筋力もつくでしょう!



下の娘が「ぽむはママとお姉ちゃんだけだっこおねだりしてわたしにはしてくれないの」と話すと先生は「一緒にご飯食べたり、お散歩すれば出来る様になるよ」とお話しして下さいました。

少し涙目のぼむの目は、涙腺が詰まりやすいそうで、これもまめに目の回りを拭いてあげる必要があるそうです。

気になる心臓の方ですが、聴診器だけあてて頂いて、特に問題ないそうです(^0^)
ある程度のお年のわんこは多少の心肥大はあって当たり前との事です。

今年のフィラリア予防と予防注射は終わっているので、次の受診は来春で良いそうです(^o^)

これからのぽむにとっての一番は、私達とたくさん触れあって、のびのびと生活して行く事が大切だと、先生もおっしゃってました。


がんばれ下のお姉ちゃん
でも、こればかりは時間もかかります。はやく大きくなりたくても、すぐには無理でしょ? ね♪
ゆっくりぽむのお姉ちゃんになってやってくださいね。

お電話では、先生は、保護犬のしかも成犬を家族に迎えたことを、とても「良いことをしたね」と褒めてくださったと聞きました。よかったですね!
そして、成犬で家族を待っている子は、まだまだ星の数ぐらいいます。

多くの方が、ペットショップではなく、こういう子たちを家族にする幸せを知ってくださいますように。
ペットショップで売られている子も変わらぬ命ではあります。
ですが、生命の尊厳を無視した生体展示販売は、なくならなければなりません。この日本から。
生体販売をしているお店では、動物だけでなく、用品も買わない、といったことも、必要になります。
ってこの話はまたいずれ^^; ごめんなさいね、ぽむママさん。


心も体も健康な状態を取り戻しつつあるぽむです=^ェ^=
ぽむに関わって下った全ての皆さんに感謝しながら、もっと愛情を注いで、もっともっと甘えん坊にさせてあげたいです!

長いメールになってしまってごめんなさい。
もうすぐクリスマスですね♪ぽむには、サンタクロースの洋服を買いました。その様子を又メールさせて頂きますね。


楽しみですね~♪
ぽむサンタ? もしかしたら、ぽむ、とっても衣装持ちになってませんか(爆)
きっと、幸せなクリスマスですね(^^)

甘えん坊ぽむ全開です~♪

ぽむがUさんちの子になって早いもので1ヶ月が経とうとしています。
先日ね、↓の写真を、
ショーウィンドウのお化けさんたちと
ウチのかかりつけの獣医さん(ぽむのではなく、クウカイやめめ、レイたちの)に見せたら、
「まるで、6年前からココの子ですって顔ね♪」
って言ってました。
6年ってところが妙に細かくて笑えました。
でも、言い得て妙な感じでしょ? 

Uさんからは、これからも、ぽむの様子をブログにアップして! というリクエストを戴きました(^^)
ハイ、よろこんで!!(ってどこかの居酒屋のようだけど^^;)

写真付きの素敵なメール、これからも「ハマのぽむさん」に追加していこうと思います。
パパ、ママと、ぽむ、お姉ちゃんずの素敵な記録になりますように。
ぽむを応援してくださったみなさん、見てあげてね~♪

さてさて、メールがやってきましたよ♪

遅くなりましたが昨日、区役所で変更届を済ませました!
ぽむくん、やっとうちの子になりました!

18日にフィラリアのお薬もきちんと飲みました!12月の服用は獣医さんと相談して決めますね。
ぽむは、とても元気です!食欲もあるので、太らせない様にこまめに「上のお姉ちゃん」と一緒に体重計に乗ってます。

上のおねえちゃんに仰向けだっこ~♪


最近、ぽむのごはんは手作りごはんとドッグフードの併用を始めました。
クウカイくんの様な生食はまだ出来そうもないので、少しずつ本等を見ながら、作ってます。
無糖のヨーグルト、おかゆ、きゃべつ、さつまいも、茹でた鶏ささみ、鶏レバー等から始めています。
ぽむは、美味しそうに食べてくれてます=^ェ^=
気持ち、ドッグフードだけの時より食い付きがいいかもしれません?

日に日に寒くなって来ましたね。皆さん風邪など引いてませんか?
ぽむも人間同様に寒さを感じている様です。
自分のマットでは、体を丸くしてお昼寝してます。
夜は私の布団の中に入って来て、顔だけ出して寝てます。
最近は主人の布団で一緒に寝る時もありますよ(^0^)
ぽむくん、パパは一番偉い人とわかった様で、甘え上手です。パパがイスに座ってテレビを観ていると、「抱っこ抱っこ」と立ちながらおねだりします。
ぽむは抱っこが大好きですね♪抱っこされてるととてもいい子です。

ママに抱っこ~♪

近いうち、トリミングに行こうと思ってます。
相変わらず、ブラッシング大嫌いぽむくん、おしりが毛玉になりそうです(^^;
トリマーさんに桃のオシリにして頂いた方が、ぽむも怒らなくて済むでしょう!
ブラッシングはミトンを付けてしてますが、長い目でみて行きますね。

イカしたお洋服!

みなとよこはま動物病院の受診も、今月末か来月にはと考えています=^ェ^=
ぽむを保険にも入れてあげたいので。
それと、やっぱり後ろ足が散歩中に気になります。大した事ないと思いますが一応診てもらいます。

長くなってしまいましたね。

どうぞ、皆さん風邪なと引かない様、お過ごし下さいね。
又メールさせて頂きます(^O^)


つくづく幸せな子です。
素敵なお洋服は着せてもらうわ、抱っこはしてもらい放題だわ、手作りご飯まで!!
病院も、とってもいい病院ですよ、みなとよこはまって。
保険も入れてもらえるのね…。

それにしても、もっふもふです。
先月の16日にお見合い前のカットに行ったのですから、まだ1ヶ月ちょっとです。
ほんとに毛吹きのいい子です。
チャーリーママさんや、友人のぐーぐーさんからは、繁殖犬でブリーダーにいた子かも?
との推測もいただいてます。一理あるかも、ね。

うん、でももう、どこから来たかは、本ワン的には全く関係ないですね。
彼は今、甘えん坊&幸せ全開で毎日を楽しんでいること、間違いなしですね!

ぽむ、正式譲渡になりました!

091108_0747~02
ぽむは、とうとうUさんご一家の子として、正式に迎えていただくことに決まりました。
ぽむママさんからのメールが、11月8日に届きました。


10月24日(土)からまる2週間、ぽむくんとのトライアル生活が過ぎました♪
拍子抜けする程、スムーズに我が家になじんで来ていると思います。
それも、亮子さんの愛情としつけのお陰です。

私達にとって、ぽむのいない生活は考えられません。
ぽむにとっても、同じ様に近い将来思ってくれるでしょう!

改めて、ぽむを家の子として迎えさせて下さい。
出来るだけの愛情を注いで大事に育てて行きます。
ぼむと子供逹のガチンコ勝負は継続中ですが、それも時間が解決してくれるでしょう。

改めて、ありがとうございます。そして、これからもぽむの仮ママとして宜しくお願い致します。


仮ママも仮パパも、本当にこの日を待ち望んでいました。
あんなに唸って咬んで、人を信じられなかったぽむが、幸せに笑ってる。
Uさんご一家にかこまれて、ニコニコ笑いながら、くるくる回ってるぽむを想像するだけで、
胸がいっぱいになります。

下のお姉ちゃんと
下のお姉ちゃん、ぽむが来て、あなたもお姉ちゃんになったね。
ずっとずっと、末永くぽむを守ってやってください。
いつでも、ぽむが笑っていられるように、してあげてくださいね。

上のお姉ちゃんと

上のお姉ちゃん、弟が増えて、お姉ちゃんのお仕事が倍になったけど、
あなたなら、妹もぽむも、大事にしてくれるって信頼できますよ!
ぽむとの暮らしを、たくさん楽しんで下さいね。

ぽむパパさんとぽむママさんには、感謝の言葉もありません。
心臓も丈夫ではないだろうし、かみ癖だってまだ治ったワケじゃない。
普通より大変なはずの子を、笑顔で迎え入れて下さって、手放せないってもう
おっしゃってくださっています。
ぽむのこと、おまかせしました!
私たちは、安心して仮パパ、仮ママを卒業しますね。
でも、何かあったら、いつでも相談して下さい。

091103_2240~01

ぽむをずっと応援してくださったみなさん、
あらためて本当にありがとうございました。
ぽむと、仮ママ、仮パパの物語は今日で終わるけれども、
ぽむが5ヶ月の間に教えてくれたことは、計り知れないほどたくさんあって、
そしてどれもが、宝石のように大事なことばかり。

私たちがもらった宝石を、次の命と、次の人の手に渡すことは、ずっと続けて行きたいと
思います。

更新は、「今日もわんにゃん日和」に移ります。
クウカイ、レイ、めめの日常に戻ります。
しばらくはお預かりは休むつもりだけれど…
次の子が「来ちゃったら」そのときにはまたがんばらなきゃね。

こんなんだったぽむが…


こうなってくれたことに、心から感謝をこめて。


カミサマ、ありがとう!




やっぱりブラッシングは嫌いよ~!

カミカミ中よ! 

さてさて、もうほとんどUさん家のぽむさんとして定着しつつあるぽむ。
でもね~、お利口さんなお話しばっかりじゃないんですよ。もちろん♪
それでこそ、ぽむさんだわ(笑)

ぽむママさんから、「やっぱりブラッシングができないんです…」というご連絡をいただきました。
すっかりU家になじんで、お利口さんになったから、ブラッシングもしてやりたい!
ぽむの長い毛は毛玉になりやすいですから、本当に気になると思うんです。

でも、ぽむは無類のブラッシング嫌い。
なんというか、毛を引っ張られるという感覚が、とてもとても、カンに障る、嫌い、イヤ!
ブラッシングが痛いことでもなんでもない、とわかっていても、やっぱりダメなのです。
不思議な感じもしますが、皮膚感覚がやたら敏感な子なのだ、と私は解釈しています。

ぽむママさんは、もちろんのこと、ぽむの「ブラッシングイヤイヤスイッチ」のことを、よく理解
してくださって、こちらの記事もよく読んでくださって、実行してくださいました。

でもやっぱり怒る~~!
で、ぽむママさんの手を、カプしたそうですorz…ごめんなさい…

そして、ブラシを持っているぽむママさんから遠く離れて、グルグル回って様子をうかがうようなそぶりをしていたそうです。

うん、やっぱり警戒心がまだまだあるのかもしれませんね。
無理強いは、やはりしない路線で、いくつかご提案してみました。

手ぐしから始めて、ブラシをそばに置いてオヤツ、褒める! ブラシを近づけてオヤツ、褒める! を繰り返して、ブラシを当てて、少し動かして…と、ものすごく時間をかけて慣らす。

手袋型(ミトン型)のグルーミングブラシを購入してみる。

トリミングサロンのトリミング台のような、ちょっと高いところに乗せてみる。

「ぺっぺろぺ」をしている最中なら、とてもご機嫌なので、ぺっぺろぺさせながらしゃしゃっとブラシを当ててみる(これはほんと、奥の手というか裏技というか…はたからみると、笑っちゃうようなスタイルになるんですが…成功率高いんです…笑)

あとは、極力静電気を起こさないために…
人間用ブラシを活用してみる。

人間用ブラシも使える!

実はこれ、我が家で私が使っているヘアブラシです(失礼)。
何の変哲もないプラスチック製ですが、シリコンオイルがコーティングされていて、とても櫛どおりが良く、髪がからまないもの。1000円弱ぐらいしましたが、私のお気に入りです。
これを、試しにぽむに使ってみたことがあって、わりと嫌がらずにブラッシングされてくれました。
金属の犬用ピンブラシは、当てただけで嫌がるので、ああ、こういうのもアリだ、と思いました。
毛のもつれをほどけるという点では、ピンブラシとなんら遜色ありません。
今はシリコンコーティングだけでなく、いろんな種類があるかもしれませんね。

「やはり、慣らさなければならないものだと思うので、毎日したほうがよいでしょうか」

というご質問…う~ん、私は、無理はしないほうがいい、と思いましたが…。
全くブラッシングができなくても、1ヶ月から1ヶ月半に1回トリミングに出してしまえば、そんなに大きな毛玉もできないし、トリマーさんに毛玉カットしてもらえばいいし…

ですが、やはり家でできるに越したことはないブラッシング。
そして、「トリマーさんなら黙ってやらせる」ブラッシング…。なぜだろう?

チャーリーママさんからの究極のアドバイスを最初にいただいていたことを、ぽむママさんにお伝えしました。

足を拭いたり、ブラッシング・・・
その状態を見ないと何とも言えませんが、亮子さんの感覚で、
「いける」と思えば、唸られても噛まれても、淡々とこなす、
事も選択肢の一つかと思います。
ですが・・・怪我をしては困りますけど。
その淡々とこなす、ことが犬の行動を無視している、ということですね。
究極の無視。
犬にとっては一番、畏れる存在です。
また・・・最も信頼に値する行為だと思います。


これは、保護翌日、一番最初にアドバイスいただいたことなのですが、チャーリーママさんも、「誰にでもできることではないので、ブログなどでは書かないんです」とおっしゃっていたことなんです。だから、私もこちらでもどうしようかな…と思いつつ、これまで書かなかったことでした。
私ができてなかったのに、ぽむママさんに「やってみて」と申し上げるのも気が引けたし(^^;;

でも、これが「トリマーさんならできる」ことの意味かもしれない、とは思っています。
トリマーさんは仕事だから、咬もうとしようが唸ろうが、手を止めず、無理強いするわけでもなく、まさに「淡々と」こなしてしまうのを見て、「さすがプロ!」と驚いたものです。

私自身がブラッシングを「淡々と」は、最後までちゃんとはできなかったですけれども、「淡々と」を実行したことがほかにひとつありました。

それは「首輪をつける」ということでした。
最初の最初、首輪をつけさせなかったぽむ。その後は、首輪にリードをつけるたび、首輪を触る度、怒って咬みました。ですが、こればかりは咬まれようがなにしようが、やらねばならない最低限のこと、と思い、ガブガブやられても平静な顔を必死で作りながら、淡々と首輪をつけ、リードをつけ、毎日首輪周辺に触り続けました。

その後、首輪=リード=お散歩! ということを理解したとたんに、喜んで首輪(のちにハーネス)に首をつっこむようになりました。私の「淡々と」だけでなく、「お散歩」という究極のハッピーにつながることだったから、ぽむは意外に早く「首輪イヤイヤスイッチ」をひっこめたのかもしれません。

ブラッシングをこれに当てはめたら…。
ブラッシングをちょっとでもさせたら、お散歩! と関連づけるのもあり? かもしれません。

がんばれぽむ! 
がんばれぽむママさん!
















元町のハロウィーン

元町へ来たよ
イェ~イ! 元町だじぇ~♪ ハマのぽむさん全開だじぇ~♪

ぽむママさんから素敵なメールをいただきました。
ぽむ、横浜元町のハロウィーンに出かけてきたのだそうです。
満面の笑みのぽむと、お姉ちゃんずです。

ハロウィンパーティー、行って来ました!ポカポカ陽気で、お散歩日和でした!

バッグで いい子のぽむちん
いいなぁ、ぽむはスリングバッグでどこへでも行けるんだねぇ
お出掛けバッグにぽむを入れると、ちょこんと顔だけ出して、外を興味津々で見ていました。バッグの中ではとてもいい子でした。

JR石川町駅で降りて、元町商店街の最後迄、ウィンドウショッピングしながら歩くと1時間位です。
賑やかな元町商店街をぽむは一生懸命歩いていました。

ダースベーダーとジャック・スパロウも登場?
このジャック・スパロウはイケメンっ!!
ハロウィンと言う事もあり、いつもよりたくさんの人と仮装したワンちゃん達にたくさん、会いました!
さすが、元町です。飼い主と犬の仮装のオシャレなこと♪

ショーウィンドウのお化けさんたちと
ぽむさんもお化け~♪
元町のショップでは、残念な事にハロウィンの衣裳がどこも売り切れでした(T_T)
でもそのかわり、冬服と手作りフードのお店で、おやつとハロウィンシュークリームを買いました。

そこのお店は、毎年犬のハロウィンの仮装行列を主催してました。
予約のみの参加だったので、今年は見物だけしました。

街はハロウィーン一色
ショーウィンドウだけ眺めてても楽しそうだね
来年はぽむと子供逹を仮装させて、歩こうと思います!クウカイくんも来年は一緒に参加しませんか?

犬達の仮装行列はとても可愛らしかったです。手作りの衣裳も多くて!
でも我が家の真っ白ふわふわぽむくんも、歩きながらたくさんの人に可愛いいと言ってもらいました!

ぽむママさんのお友達のお店で
ぽむママさんのお友達、Kさんのお店で、Kさんにも抱っこしてもらったのです

パンプキンパイ♪
おいしそう♪
私のお友達のお店でのパーティーも子供逹は楽しそうに、お菓子とパンプキンパイを口にほおばっていました(^O^)

ワンコ用シュークリーム
ぽむがシュークリームがっつく姿が目に浮かぶようだわ♪
その側でぽむくんも、ハロウィンシュークリームを美味しそうに食べていました=^ェ^=

帰り道、ぽむは疲れたのでしょう、私のバッグの中でうとうととしてました。

お出かけのあとはお昼寝
よかったねぇ♪
私達にとってもぽむにとっても楽しいハロウィンだったと思います!
今度はクウカイくんも一緒に行きましょうね♪


ぽむママさん、素敵な一日のご報告をありがとうございました!
お姉ちゃんずも、いい笑顔でしたよ! ぽむを連れてってくれてありがとうね!
ぜひぜひ、来年は田舎犬クウカイも連れて、横浜へ繰り出したいと今から楽しみにしています!
<< 前のページ     次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。